(終了間近!)イサム・ノグチコーヒーテーブル限定カラーのナチュラルオークが12月27日午前10時まで!

こんにちは、美術館があればつい入ってしまうアート好きヤマモトです。7月にブログでご案内していたアート作品のような家具、イサムノグチコーヒーテーブルの限定カラー「ナチュラルオーク」が終了間近なので、お知らせいたします。

 

ノグチイサム、コーヒーテーブル、ノグチテーブル

 

 

イサム・ノグチが「最高のデザイン」と認めたコーヒーテーブル

 

ガラスの天板と2本の脚のシンプルな構成。しっかりと厚みのある天板に太さのある脚部。重厚な存在感もありつつ、どこか軽やかな印象も与えてくれるイサムノグチコーヒーテーブル。1944年にデザインされたこのコーヒーテーブルは、ガラスの天板や脚部がまるで生きているかのようなフォルムで、彼の彫刻作品の1つのようです。不思議な脚の形は一見、不安定そうにも見えますが、よく見ると2本の脚がしっかり合わさっており、安定感があります。この不朽の名作と呼ばれるコーヒーテーブルは、vitra社が復刻させました。75年も前のデザインですが、今もなお新しさを感じることができます。不朽の名作と言われているのにも納得です。

 

 

和室にも洋室にも合わせやすいと人気の期間限定カラー【ナチュラルオーク】

 

キャンペーンの限定カラーとして販売していたナチュラルオークは、明るい色目で木目が美しく見え、他の北欧家具とも馴染みがよく、ラグやフロアの色を選ばない使い勝手の良いカラーです。

こちらの限定カラー【ナチュラルオーク】が買えるのは、2019年12月27日午前10時までです。

 

 

 

 

イサム・ノグチコーヒーテーブルの類似品にご注意ください

2002年より、ヴィトラデザインミュージアムとヴィトラは、ニューヨークのイサム・ノグチ財団とともに彼のデザインの復刻版を制作しています。日本でもイサム・ノグチの人気は高くリプロダクト品や類似品が多く出回っていますが、日本で正規品が買えるのはvitra(ヴィトラ)だけです。

 

イサム・ノグチコーヒーテーブルの類似品との違い(刻印)

正規品は、ガラスの天板に、イサム・ノグチのサインと共に、ヴィトラデザインミュージアムと刻印が入っています。

 

 

イサム・ノグチコーヒーテーブルの類似品との違い(脚部)

類似品も形はよく似ているのですが、テーブルの脚部分に大きな違いがでます。イサムノグチコーヒーテーブルは、脚部が本当に美しく、なめらかな曲線が特徴です。ふたつの脚が支え合って安定する形は、まるで日本の指物(さしもの)の技法のように無駄な凹凸がありません。

 

 

 

二つの脚は設置時に重ねているだけなので、くっついていませんが、厚さ19mmの天板の重みでしっかりと安定します。そんなイサム・ノグチの細部へのこだわりが「最高のデザイン」 の柱になっているのかもしれません。ぜひとも正規品の無駄のない美しさを見ていただきたいと思います。

 

 

イサム・ノグチコーヒーテーブルのサイズ

三角形ですので、一辺を壁につけて置いていただくと、緩やかなカーブがインテリアに動きを出してくれまし、コーナーに置けば、スッキリと納まります。お部屋の中央に置けば存在感があり、どの方向からも自由にお使い頂けます。サイズは、幅128×奥行93で、天板を広々とお使いいただけます。

 

 

 

 

まとめ

いかかでしたでしょうか?イサム・ノグチ自身が「最高のデザイン」と認めたコーヒーテーブルです。

オフィスのラウンジや応接室、自宅のリビングや和室、どんな場所でもイサム・ノグチのコーヒーテーブルがあれば、特別感たっぷりの上質な空間作りに一役買ってくれそうです。とても存在感のあるテーブルですが、天板がガラス製で向こうが透けて見えるので大きさのわりに圧迫感を感じさせません。

また、ナチュラルオークのカラーは、他の北欧家具とも馴染みがよくラグやフロアの色を選ばない使い勝手の良いカラーです。この限定カラー【ナチュラルオーク】が買えるのは、2019年12月27日午前10時までです。

ぜひこの機会に、アートのような家具を迎えてみてはいかがでしょうか?

 

 

今回紹介した商品のご購入はこちら

 

 


この記事を書いた人

ヤマモト

整理収納アドバイザー・かたづけ遊び指導士認定講師。 子どものお片付けとシンプルなインテリア作りが得意な3児の母。 最近、運動不足なので体を動かせる趣味を探し中です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップCONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちらメルマガ登録はこちら