北欧インテリアとサスティナブル|あのボーベダージャパンの編集長がやってくる! 11月23日(土)14時~

こんにちは、食品を買う時、その日に使うモノはなるべく消費期限の近いものから買うことでフードロスを減らすことができると知り、実行中のヤマモトです。

前回のブログでは、サスティナブルイベントについてお知らせしました。

【サスティナブル × 北欧インテリア】イベント開催のお知らせはこちら

 

今回は、その第一弾となる、【北欧インテリアとサスティナブル】 雑誌「ボーベダー」 の日本版編集長のレオン氏のトークショーについて、お知らせしようと思います。

 

 

ボーベダーの日本版編集長を務めるLeon・Esben・Ota(レオン・エスベン・オオタ)氏

レオンさんはデンマーク人と日本人のハーフとして、香港に生まれました。幼少期から20歳まではデンマークで過ごし、デンマークの特徴的な教育機関「フォルケホイスコーレ」も卒業しました。その後、世界各地をめぐり約10年前から日本に住んでいらっしゃいます。日本では、編集長としてのお仕事のほか、俳優として活動されたり、デンマークから要人が来日する際のコーディネートをなさったりと、様々な活動をなさっています。こうしたご経歴から、デンマークと日本の両方の事情について、よくご存知です。この度は、デンマーク企業のサスティナブルに対しての取り組みや、デンマークの人々の暮らしの中でのサスティナブルに対する考え方などを、お話していただけます。

 

「BOBEDAR」ボーベダーとは 

「デンマーク人なら知らない人はいない」 と言われるほど有名なインテリア雑誌

 

ボーベダーには、「よりよい暮らし」 という意味があります。1961年の創刊以来50年以上にわたりデンマークの人々に、よりよい暮らしや、よりよい住まいに多大なインスピレーションを与え続けてきた、北欧最大のインテリア・ライフスタイルマガジンです。

 

デンマークには、日本では当たり前の あの職種 が存在しない?!

 

デンマークには、世界でも有名な建築家やデザイナーが多く、インテリアやデザインは、世界中の人々の憧れを集めていますが、デンマークには意外にもインテリアコーディネーターやライフスタイルコーディネーターという職種は存在しないのだそうです。

それは、デンマークの人たちは家具の意味をよく知っていて大切にし、自分の中でどのようにマッチさせるか、自分のライフスタイルに合っているか合っていないかの判断力を身に付けているからなんだそうです。いろいろなものを見て、時間をかけて判断する。そうして選んだものは、大切に扱われ愛着をもって永く使われるのです。

そんなインテリアにこだわりのあるデンマークの人々に50年以上も支持され続けてきたボーベダーです。

日本では、北欧風などと言う形容詞がありますが、デンマークでは、ボーベダー風と言う形容詞があるくらいと言えば、どれほど現地で支持されているかがお分かりいただけると思います。そんな雑誌の編集長のお話が聞けるとなれば、行かないわけにはいきません。もちろんヤマモトも参加させていただきますよ!

そして、よりよい暮らし、よりよい住まいに少しでも近づきたいと思っています。

 

サスティナブル先進国に学ぶ! デンマークは人と自然とが調和して生きている

 

 

そして、デンマークで、「よりよい暮らし」「よりよい住まい」 と言えば、サスティナブルが深くかかわってきます。デンマークでは、人と自然とが調和して生きているのを実感できる国です。自然にも人にも優しいシステムが根底にあるからです。

例えばレストランでは、フードロスへの取り組みや、オーガニック食材を使用することが基本にあり、さらにゴミやエネルギーに対する考え方などが細部に至って考え尽くされています。そしてこの風潮が国全体に広がっているんです。

レストランは、おいしい食事を提供し、私たちはそれを食べる。そういった行為も、環境や社会、そこに関わる全ての人にとってよい行為となる。そんなサスティナブルなビジネスが浸透している国であるということですね。

 

 

 

CONNECTが考える「持続可能な開発目標 SDGs(エスディージーズ)」とは

世界の資源も気候もさまざまな格差も、いまの状態がそのまま続けば、いつかは破綻してしまう。その場しのぎではない「サスティナブル(持続可能な)社会」の実現が目標です。CONNECTは、暮らしの中のインテリアを責任を持って選び、使うという誰でもできるひとつの行動が「心地よい」 「環境によい」 という結果につながると考えています。

 

SDGsの取り組みを進める企業の方はもちろん、サスティナブルやエシカルを生活に取り入れようと考える方には、そのヒントがたくさん詰まったイベントです。

環境や社会のために何ができるか…なんて大きなことは、難しそうだけれど、ひとりひとりが日常生活で、ちいさくても行動に移すことが大切です。SDGsは、今後の私たちの暮らしも良くなる取り組みなので、サスティナブル先進国であるデンマークの考え方を知っておいて損はないと思います。

 

サスティナブル×北欧インテリア

Leon・Esben・Ota(レオン・エスベン・オオタ)氏 トークショー

日 時  2019年11月23日(土) 14時~(約90分)

参加費 お1人様 1,800円 税込 ( ドリンク付き)
※定員先着20名まで(要予約)

 

残席わずかです! この機会に是非デンマークの「サスティナブル」や、「よりよい暮らし」に触れてみてはいかがでしょうか?

イベントのご参加申し込み、お問合せなどは店頭または、お電話、メールにて承ります

 

CONNECT 0877-85-9717 (月~土曜日 10:00~18:00) shop@connect-d.com

 

 


この記事を書いた人

ヤマモト

整理収納アドバイザー・かたづけ遊び指導士認定講師。 子どものお片付けとシンプルなインテリア作りが得意な3児の母。 最近、運動不足なので体を動かせる趣味を探し中です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップCONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちらメルマガ登録はこちら