【artek キャンペーン】 Universal Wooden Chair -普遍的な木製の椅子

こんにちは、突然ですが、皆さんは普段どんな椅子を使っていますか?その椅子に思い入れは、ありますか?スタッフのヤマモトです。

デンマークの若者は初任給で椅子を買うらしいです。デンマークでは、家具は自分の親や祖父母の世代から代々受け継がれていくもので、歴史のあるものを美しく使い続けることが美徳であり、ステータスであるという考え方が根付いています。

だからこそ北欧の椅子や家具は長く使うことを前提に作られており、家具は資産だという考え方があることをCONNECTに入社して知りました。

今回は、そんな北欧を代表するデザインの巨匠、アルヴァ・アアルトが設立したartek (アルテック) から、場所を選ばす、ダイニング、書斎、会社のデスク、会議室、レストラン、学校と、どんな場所にも馴染みがよく、それでいて木の温もりや優しさを感じられる椅子をご紹介します。アアルトの照明(A330S ゴールデンベル)が1灯プレゼントと言う嬉しいキャンペーンも開催中です。

 

キャンペーン開催中! 

Universal Wooden Chair -普遍的な木製の椅子

 

対象のチェア4脚をまとめてご購入のお客様に、A330Sゴールデンベルを1灯プレゼント!

キャンペーン期間:2019年10月1日(火)~12月31日(火)まで

 

北欧デザイン界の巨匠・アルヴァ・アアルトの初期のデザイン

611チェア】

▲左からナチュラル/ホワイト・ナチュラル/レッド・ナチュラル/ブラック・ブラック/ブラウン・ブラック・ブラック/ブルー 

 

611チェアは、丈夫なバーチ材のフレームとリネンのウェビングテープによって形づくられています。快適さと実用性を考えてデザインされたウェビングテープによる座面と背もたれが、座った人の重みを優しく受け止め、とても心地良く座ることができます。

 

 

写真のように、安定して5脚まで積み重ねることが可能です。また、簡単にウェビングテープの交換ができるため、何代にも渡り長く使い続けることができます。アルヴァ・アアルトの初期の家具デザインのひとつである611 チェアは、アルテック創業から変わることなく生産され続けており、家庭用だけでなく、レストランや公共施設などにも根強い人気があります。

 

 

 

美しさと利便性を兼ね備えた椅子

【Atelier Chair】(アトリエ チェア)

 

アトリエ チェアは、ストックホルムの国立美術館に新設されたレストランのためにデザインされました。その名は、レストランのダイニングホールのコンセプトが、アーティストのアトリエであったことに由来しています。
すっきりとした形は、コンパクトで軽量。一脚4キロと持ち運びしやすく、スタッキングは、7脚まで可能です。座り心地は、座面のゆるやかなカーブが体にフィットし長時間座っていても疲れにくいです。

 

 

前脚と後ろ脚をつなげたデザインは、まるでロッキングチェアのようで、見る人の記憶に残り親しみやすさを感じさせます。また、4本脚とは違いスタッキングする時に脚が引っ掛かりにくく積み重ねが簡単、ぐらつきが少なく安定します。また、ぴったりと重なった姿は見た目も、とても美しいです。空間を広く使いたい時や、お掃除の時にも重ねられる椅子は重宝します。

 

 

 

 

近代的な家具デザインの名作

【Domusu Chair】(ドムスチェア)

 

ドムスチェアは、イルマリ・タピオヴァーラにより、ヘルシンキの学生寮「ドムス アカデミカ」のためにデザインされました。
高い評価を受け、フィンランドを代表する椅子として「フィンチェア」という愛称でも呼ばれています。

三次元に曲線を描く形、人の身体に沿った座面など、長期間座っても疲れにくく心地良く過ごせるデザインを追及しています。特徴的な小さめの肘掛けは、肘置きとしての役割をきちんと果たしながら、テーブルに椅子を引き寄せやすいように考慮されています。1946年の誕生以来、今もなお世界中で愛され続けている椅子です。

 

このドムスチェアが空間に1脚あるだけで、思わず「おぉ! 」 と言ってしまうほど、おしゃれな存在感が私は好きです。

いかがでしたか?対象のチェアは、場所を選ばす、ダイニング、書斎、会社のデスク、会議室、レストラン、学校と、どんな場所にも馴染みがよく、それでいて木の温もりや優しさを感じられる椅子ばかりです。居住空間から公共空間まで多目的に使える汎用性の高い木製のチェアは、普遍的な性質を持つからこそ、あらゆる空間に自然に溶け込むことができ、つい長居したくなるような、心地よい雰囲気を作り出してくれます。家の中で過ごす時間が多くなるこれからの季節には、心地良さを得ながらも多目的に使えるチェアはとてもおすすめです。

 

 

対象のチェア4脚をまとめてご購入のお客様に、A330Sゴールデンベルを1灯プレゼント!

 

A330Sペンダントゴールデンベル(全長100cm/引掛シーリング取付型)

 

 

世界中で愛され、ゴールデンベルという愛称で親しまれるA330Sは、フィンランドの巨匠、アルヴァ・アアルトが1936年に「Savoy(サヴォイ)レストラン」 のためにデザインした有名なペンダントライトです。2007年に復刻されました。
1937年にヘルシンキにオープンしたレストラン「Savoy(サヴォイ)」 は、その内装デザインをアルヴァ・アアルトが手がけたことでも有名です。現在もオープン当時の姿を残し、ヘルシンキ市民の誰もが来店を憧れる格式高いレストランです。
ゴールデンベルは、その名が示すように鐘のような美しさと滑らかなシルエットが特徴的。その姿は灯りがともっいてもいなくても、空間のアクセントとしても美しい佇まいをしています。接合を施さない一つの真鍮により形作られており、下に向かった開口部から光が放たれることにより眩しさを抑え、シェードに刻まれた穴から光が輪のように分散されるよう機能的にデザインされています。

 

 

サヴォイ以外のゴールデンベルは、表面がクリア塗装仕上げとなっているため酸化を防ぎ表面の表情は一定に保たれます。内側は白色で塗装されているため、内部の光が反射される構造になっています。そのため優しく柔らかい光が空間へ広がり、より自然な雰囲気で空間を照らします。またスリットからは光が漏れることで、照明全体に優しい印象を与えています。

 

※4つのカラー(ブラス、クローム、ブラック、ホワイト)から選択ください。
※サヴォイはプレゼント対象外となります。
※プレゼントもコード加工等を受け賜れますが、加工費が別途必要となります。

デンマークの人々にとって椅子は、ただの道具ではなく、時間とお金をかけるべき「大切な場所」です。自分の子や孫にまで残せるようにと大切に使い続けるために初任給で椅子を買う、そうやって少しづつ価値のある資産を増やしていくんですね。そんな考え方は、素敵だなと思います。

気になる椅子が見つかった方は、この機会に受け継ぐ椅子に触れてみてはいかがでしょうか?

 

 

今回紹介した商品のご購入はこちら

 

 


この記事を書いた人

ヤマモト

整理収納アドバイザー・かたづけ遊び指導士認定講師。 子どものお片付けとシンプルなインテリア作りが得意な3児の母。 最近、運動不足なので体を動かせる趣味を探し中です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップCONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちらメルマガ登録はこちら