北欧らしい幾何学模様と柔らかなウールの肌触りがたまらない! ラプアン カンクリの湯たんぽ MARIA(マリア)

こんにちは、ここ数日で気温がぐっと下がり、朝晩は、肌寒い日が続いています。あたたかいものが恋しい季節になってきましたね。スタッフのヤマモトです。いつも寒くなってから冬支度を慌てるのですが、今年は、早く使いたいと思っている商品があるんです! それは、LAPUAN KANKURIT(ラプアン カンクリ)の湯たんぽです。
今期は、ポケット付きショールで人気のMARIA(マリア)シリーズが登場です。
すでにMARIAショールを愛用されている方も、これから購入を考えている方にも、ぜひ、お揃いで使っていただきたい、湯たんぽをご紹介します。

 

 

 

北欧らしい幾何学模様と柔らかなウールの肌触りがたまらない!

1973年フィンランド西部にある“Lapua”という小さな町で創業したテキスタイルメーカー、 LAPUAN KANKURIT(ラプアン カンクリ)は、創業以来、機能性・耐久性に優れ、天然素材にこだわった上質のウールやリネン製品を作り続けています。品質だけでなくデザイン性も高く、日本のインテリア業界やファッション業界からも注目されているメーカーです。

そのラプアンカンクリのロングセラーシリーズMARIA(マリア)の湯たんぽ。直線や曲線、円や三角形など基本図形を組み合わせ規則的に並べた幾何学模様を取り入れた北欧らしいデザインは、スタイリッシュでモダンな空間を作ってくれます。
私は、ウールのチクチクが少し苦手なのですが、このカバーは薄手で柔らかな肌ざわりがとても気持ちいいので、ずっと触っていたくなります。
また、ウールは保温性に優れているので、じんわりとした温かさが長続きするのも嬉しいポイントです。

 

 

 

本体ボトルは、エコロジー大国ドイツ、ファシー社の湯たんぽです。合成樹脂PVC(プラスチック素材)でできており、柔らかく、冷めにくいうえ、汚れがつきにくくお手入れが簡単です。

 

 

火を使わず、高温にならないのがファシー湯たんぽ。おやすみ前にお布団にいれたときは、約10時間かけてゆっくり温度が下がっていきます。寝汗をかきにくく、体への負担が少ないので、お子さんやお年寄りにも安心です。

 

 

使用後は、逆さに吊るして乾かせるから、いつも清潔

 

水を抜いた後は、逆さにして吊るして乾かせるので、いつも清潔にお使い頂けます。

 

ブラウン×ホワイトのボトルは、白色です。

※ボトル本体の色はお選び頂けません。ご了承ください。

 

 

就寝時、湯たんぽの効果的な使い方

 

①お湯の温度は、40℃~60℃が適温です。熱湯など熱すぎるお湯は、ボトルの傷みや、熱傷の原因にもなりますので、ご注意ください。

 

②就寝する30分前にお布団へ入れてください。湯たんぽを置く位置はお尻あたりが良いです。

 

③就寝時に、足元へ。直接肌に触れない位置までずらしてご使用いただくと、腰から足先までじんわりと温かさが続き、心地よい眠りを誘います。

 

 

 

 

アウトドアやオフィスでも! 寒さの感じ方が変わります

 

柔らかな樹脂のボトルは、温めたいところにやさしくフィットしてくれます。空気を汚さず、乾燥させませんので、肌のかさつきも防いでくれます。夜、眠るときだけでなく、日中もお部屋やオフィスで使っていただくのもオススメです。
冬、オフィスでのデスクワークは、足が冷えがちですよね。そんな時は、前太ももやお腹を温めるように湯たんぽを使うと、とても効果的です。
人気のMARIAポケットショールと、お揃いで使うとさらにあたたかく、おしゃれにお使い頂けます。

 

 

お湯さえあれば、あとは熱源がいらないのでアウトドアやスポーツ観戦でもぜひ使ってみてください。お腹や腰にあてておくと、寒さの感じ方が違ってきますよ。

本体の重さは約350g、約1Lのお湯が入れられます。大きすぎず、お湯を抜けばコンパクトになり、軽くて、汚れがつきにくい合成樹脂は、持ち運びもとっても楽です。ウール100%は、繊細なイメージがあるかもしれませんが、動物性の繊維ですので、実はとても耐久性に優れていて汚れがつきにくいんです。また、手洗いの洗濯が可能です。保温性が高く、いつもカラッとしているため、優しい温かさが続くのもウールならではの特徴です。

 

いかがでしたか?

ラプアン カンクリのロングセラー、MARIAポケットショールと同じ生地で作った湯たんぽ。長年愛されているその模様を湯たんぽにしてみると、丸みを帯びたフォルムともよく合い、思わずギュッとしたくなるような愛らしいものになりました。寝る前のお布団に、もぐらせておいたり、リビングでクッション代わりに抱えてくつろいだり、オフィスやアウトドアに持って行ったり。じんわりと伝わる心地よい温かさです。

普段ポケットショールを愛用頂いている方への贈り物にも、喜ばれますね。

今年の冬は、ポケットショールとお揃いで使ってみては、いかがでしょうか?

 

今回紹介した商品のご購入はこちら

 

 

 


この記事を書いた人

ヤマモト

整理収納アドバイザー・かたづけ遊び指導士認定講師。 子どものお片付けとシンプルなインテリア作りが得意な3児の母。 最近、運動不足なので体を動かせる趣味を探し中です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップCONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちらメルマガ登録はこちら