光の魔術師が考えた理想のペンダントライト。名作VLリングクラウンが復刻!

こんにちは、CONNECT店内の美しい光ベスト1はVLシリーズの光だと思う。スタッフのイトウです。

器具はかなりシンプルなのに、壁に映った光のグラデーションやシェードの影など……狭い目線の中に繊細な明暗が詰まっていることに驚きました。


▲VL38シリーズ/ウォール

VLとは、デンマークの建築家ヴィルヘルム・ラウリッツェンのイニシャルで、“光の魔術師”とも呼ばれている人です。
長い間ヴィンテージ市場にて高値で取引きされつづけ、幻となっていたラウリッツェンの照明アイテムたちが近年次々と復刻!(2016年にはVL38、VL45が復刻しました。)

今回の記事では、2019年秋に復刻を果たした、注目のVLリングクラウンシリーズの魅力をご紹介していきますよ。


▲VLリングクラウン1灯~7灯。ウォールランプも合わせ全6種、2019年10月復刻発売。

 

 

 

 

デンマークのラジオハウスのためにデザインされた
VLリングクラウンシリーズ

VLリングクラウンシリーズは、建築家のヴィルヘルム・ラウリッツェンによって1940年にコペンハーゲンにあるデンマーク放送局のためにデザインされました。
ちなみに、放送局で使用されたのはウォールタイプと1灯用のペンダントのみ。

(下写真)はデンマーク放送局の様子。写真の照明や手すりに至るまで、すべてラウリッツェンがデザインしています。

申し訳ありませんVLリングクラウンがうつり込んでいる写真はご用意できず‥‥‥。




photo by ルイスポールセン

 

 

 

 

明るいのに眩しくない
理想のペンダントの追求

ヴィルヘルム・ラウリッツェンは同じ歳でもあるポール・ヘニングセンにこのように語っていました。

照明器具で大切なことは、
「ホコリを払うのが簡単で、
中に塵が溜まらず、
ダメージを受けてもすぐに壊れず、
電球交換が簡単で、
調光しなく ても眩しくなく、
そして下向きに光を集め、
同時に空間全体も柔らかく照らすことが必要です。
また、外観が清楚であることも大切です。」

ラウリッツェンは以上の条件の照明を求め、球形でも、有名なPHランプでもない新しいガラスシェードの形、VLリングクラウンシリーズをデザインしたんです。



 

 

 

 

形の似たトルボーペンダントとの違い



形の似た照明にルイスポールセンのトルボー155・220(2002年発売)との違いは、下方にすぼまったシェードの形。

VLリングクラウンは、イスに座って見上げた時にこぼれてしまう電球の眩しさを隠すために、内向きにカーブしています。(下写真)



 

 

 

 

3層オパール吹きガラスの柔らかい光

ルイスポールセンのガラスペンダントは内部の電球の形が透けないのが特徴。
ガラスはイタリアの職人が1つ1つ丁寧につくっており、厚みのある3層ガラス(上から光沢層、乳白層、マット層)になっているんです。

シェードの柔らかいフォルムだけが夜の空間に浮かび上がる姿には一瞬、「ほぅ……」と時を忘れてしまいます。

 

 

 

 

経年変化を楽しめる真鍮パーツ

金属部分は無塗装の無垢真鍮製。
最初のピカピカとした輝きは、使っていくうちに木の皮のような深い黄金色に変化します。


1955年に発表されたシャンデリア「クリスチャンボーグ」のヴィンテージの経年変化の様子(下写真)。


▲photoby.phono used furniture & equipment さま よりご提供

▲photoby.phono used furniture & equipment さま よりご提供

▲photoby.phono used furniture & equipment さま よりご提供

 

 

 

 

 

まとめ

光の魔術師ヴィルヘルム・ラウリッツェンが考えた、明るいのに眩しくない、理想のペンダントのかたち。
使うごとにお部屋に馴染んでくる真鍮素材であることも嬉しいポイントです。
VLリングクラウン取り入れることで、明るく心地よい夕食の時間を楽しまれてはいかがでしょうか?


今回ご紹介したアイテム
VL Ring Crown
デザイナー:Vilhelm Lauritzen(ヴィルヘルム・ラウリッツェン)
素材:シェード/3層吹きガラス(乳白光沢ガラス) パイプ/無垢真鍮 ポリッシュ仕上(無塗装)
価格:1灯吊り¥56,000(税別)~

今回紹介した商品のご購入はこちら

 


この記事を書いた人

イトウ

毎日風を切って自転車通勤しております。 見て好きになって、 使ってもっと好きになってしまう北欧のデザインに興味津々です@@

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップCONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちらメルマガ登録はこちら