もう置きっぱなしで良し!ソファ周りを快適にする北欧ヴィンテージ【ソーイングワゴン】

こんにちは、スタッフのイトウです。

みなさんソファ周りはどのように整理されていますか?

私はセンターテーブルに読みかけの本やリモコン、マグカップをおきっぱなしにしてしまい、
綺麗に保つことができません;

もういっそのこと置きっぱなしでもOKな方法ってないか?
と、なまけものな考えをめぐらせ思いついたのが、北欧ヴィンテージの“ソーイングワゴン”でした。

今回の記事では、北欧ヴィンテージのソーイングワゴンがソファ周りを快適にしてくれる4つの理由をご紹介ていきますよ。


もくじ

1 紙類はココへ。軽やかで丈夫な籐(ラタン)の棚
2 ちょっとが便利なスリム棚
3 サイドテーブルとしても使える
4 お洒落なキャスター付きでお掃除も楽ちん


 

 

1 紙類はココへ。軽やかで丈夫なラタンの棚

他のヴィンテージ家具には見られない、ソーイングワゴンの特徴は引き出し式の籐(ラタン)のカゴ。

籐は、「軽い」「柔らかい」のに「丈夫」という特性があります。
棚を置くより軽やかに、
マガジンラックを置くより床をスッキリ、紙類を収納することができるんです!

カゴが丸いタイプは文庫本向き

カゴが幅広のタイプは新聞や雑誌が余裕をもって入り、容量も多くて便利です。

 

 

 

 

2 ちょっとが便利なスリム棚

ソファ周りに収納がほしくても、棚の多いチェストを置いてしまうと、ソファ周りが狭くなったり、ごちゃごちゃしてしまう元になってしまいます。

ソーイングワゴンの収納は、軽やかな籐のカゴと浅い一段の棚。という最低限の収納になっています。
便利な仕切りが付いているのも特徴です。

リモコン、筆記用具やメモ帳など、ソファ周りに必要なものだけが入りきります。




▲ソーイングワゴンの使い方通り、ソファに座って裁縫を楽しむのにも便利です。

 

 

 

 

3 サイドテーブルとしても使える

ソーイングワゴンは、もともとソーイングの作業台としてつくられているので、ソファのサイドテーブルにしても丁度よい高さ。
読書時間を快適にしてくれるテーブルランプを、高すぎず低すぎず、ベストな位置で設置することができるんです。

さらに、マグカップや雑誌も置けるしっかりとした奥行きがあるのも特徴。


 

 

 

 

4 お洒落なキャスター付きでお掃除も楽ちん

キャスター付きって重たい家具も簡単に動かせて便利だけど、インテリアに取り入れるにはダサい。というイメージ。
しかし、北欧ヴィンテージのソーイングワゴンのキャスターはひと味違います。(下写真)

薄くて繊細なキャスター。コロコロ真ん丸いキャスター。これなら取り入れてみたいって思えるんです。

形も様々で個性があるので、注目してみてくださいね。

 

 

まとめ

北欧ヴィンテージ/ソーイングワゴン特有の、籐(ラタン)のカゴは紙類をスッキリと収納してくれます。
サイズ感、収納量も丁度よいソーイングワゴンを取り入れることで、快適なリビングをつくってみてはいかがでしょうか?


今回ご紹介したアイテム
北欧ヴィンテージ/ソーイングワゴン
価格:¥80,000(税別)~

今回紹介した商品のご購入はこちら


この記事を書いた人

イトウ

毎日風を切って自転車通勤しております。 見て好きになって、 使ってもっと好きになってしまう北欧のデザインに興味津々です@@

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップCONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちらメルマガ登録はこちら