本格BBQに挑戦!デザインも機能もこだわったBBQアイテム6選

やっぱり夏といえばBBQ! 人の集まる機会が多い夏のおもてなしに、みんなで火を囲んでお肉をほおばると、話が弾んで楽しい思い出になりますよね。

アウトドア好き・料理好きも多いCONNECTでは、BBQとなると本格的。先日CONNECTスタッフたちでBBQパーティーをした時に大活躍したのが、Web shopでも取り扱いをはじめたBBQ新アイテムたちです。

デザインにも機能性にもこだわるCONNECTが厳選したBBQアイテムを6点ご紹介します。アウトドアショップにたくさん並ぶかっこいいアイテムも、人とかぶるのは嫌だなと思っているこだわりさんに知ってほしいアイテムたちです。

 

大人数でわいわい火を囲むなら「SWING(スウィング)」

BBQ
▲a+ / SWING(スウィング) ¥42,000(税抜)

直径約60cmの大きな本格派のBBQコンロです。蓋(温度計付)があるので、塊肉のグリルや燻製など本場アメリカの本格BBQに挑戦できます。グリルは重さのあるダッチオーブンなどを乗せても安心の強度があります。サイドに木製クッキングボードと調理器具をかけるフックが付いている気遣いも嬉しいところです。

丸い形はみんなが手を伸ばして取りやすく、立ったままでちょうどいい高さなので、大人数でわいわい火を囲んで楽しめます。

ハンドルがついて、名前の通りグリルがぐるっと“スウィング”します。グリルにお肉が乗ったままでも、炭の補充や位置の調整が簡単。軍手で網を持ってアチチと言いながら網に乗ったお肉を落とさないように頑張らなくてももう大丈夫。

 

 

BBQコンロ+焚き火台+テーブル=「リボルバー」


▲a+ / リボルバー ¥28,000 (税抜)

スウィングとほぼ同じグリルサイズ(直径約60cm)で、たっぷり焼けるBBQコンロ。グリル面が低く安定感があり、ゆったり座って食べるのにちょうどいい高さです。

BBQ

BBQを食べ終わった後は焚き火台としても使えるんです。こどもたちが串に刺したマシュマロを焼いたり、焼き芋をしたり、楽しみ方はいろいろ♪

BBQ

火を使っていないときは、付属の竹製ボードを載せればテーブルに早変わり。シンプルなフォルムは庭に置いていても、BBQコンロと感じさせず、ガーデンテーブルとしてしっくり馴染みます。BBQコンロ・焚き火台・テーブルになって、シンプルでかっこいいデザインで、なのにこのお値段はお買い得だなと思います。

 

 

圧巻の大きさにテンションが上がる「パエリアパン」

BBQ
▲a+ / パエリアパン ¥12,000(税抜)
 a+ / パエリアパン蓋 ¥8,000(税抜)

スウィングやリボルバーにぴったりサイズのパエリアパンと蓋。圧巻の大きさに見た瞬間テンションが上がります。パエリアだけでなく、焼きそばやそのほか鉄板料理もたっぷり味わえます。

BBQ

写真は約6合のお米で作った、夏野菜とステーキ肉たっぷりパエリア。CONNECTスタッフ約30人でもみんなに行き届く量でした。しっかり鍋底に厚みがあるので、局所的に焦げることなく、全体に均一に火が通り、とっても美味しかったです。

 

 

消したいときにすぐ消せる焚き火台「CUBE(キューブ)」

BBQ
▲Hofats / CUBE Fire basket(キューブファイアバスケット) ¥64,800(税抜)

BBQ
▲CUBE Plancha(キューブプランチャ) ¥11,000(税抜)

ドイツのブランドHofats(ホーファッツ)から届いた四角い形の焚き火台。別売のグリルやプランチャ(鉄板)を置けばBBQコンロとしてお使いいただけます。鉄板はリバーシブル仕様で、表面は凹凸があり、裏面はフラットなので、焼くものによって使い分けられます。鉄板の凹凸面で魚を焼くと、きれいな焼き目が付いて美味しくいただきました。

BBQ

German Design Awardを始め数々のデザインアワードを受賞しているデザインは、可愛いだけでなく機能的なんです。ひっくり返すと、火に蓋がされてすぐに火が消えるユニークな仕組み。焚き火をして、そろそろ寝ようかなと思ったときに困るのが残り火の始末ですよね。そんなとき、ひっくり返すだけで心配なくすぐに寝られます。ひっくり返して専用ボードを置けばテーブルやベンチにも変身します。

 

 

ビール好きにはたまらない「BEER BOX(ビアボックス)」

BBQ

▲Hofats / BEER BOX Fire basket(ビアボックスファイアバスケット) ¥25,000 (税抜)
 Grid(グリッド) ¥6,800(税抜)
 Board(ボード) ¥6,800(税抜)

普段はビール瓶ケースとして、アウトドアに持ち出せば焚き火台になるビアボックス。別売りのグリッドを使えばBBQグリルになり、ボードを置けばテーブルやベンチになり大活躍です。側面には栓抜きが付いていて、さすがビール王国ドイツで生まれたアイテムです。普段は缶ビールを飲む方も、たまには外でビール瓶を片手にBBQというのも贅沢ですよね。

BBQ

素材はコールテン綱とよばれる鉄を使っています。時間が経つと天然のサビが表面を覆い、素材を保護するため、サビ止めの塗料などが必要なく、リサイクルしやすい素材です。炎とともに、徐々に風合いを変えていく姿をお楽しみいただけます。

 

 

ピザ窯にもなる焚き火ストーブ「TAKI BE CAN(タキビーキャン)」

BBQ
▲ TAKI BE CAN (タキビーキャン) ¥45,000(税抜)

ロケットストーブをベースに開発された、新しい形の焚き火ギアです。香川県丸亀市にあるTHE IRON FIELD GEAR(ジ アイアン フィールド ギア)という会社が、造船などの分野で培った鉄鋼の技術を生かして、開発・製作しています。カラーバリエーションは6種あり、見た目もオシャレで機能的。取り扱っているお店がまだ少ないので、キャンプ場で使うと注目の的になっちゃうかもしれません。

「持ち運べる焚き火」をコンセプトに、足と煙突は折り畳み式になっています。風の影響を受けにくく、煙突の効果で火が付きやすいので、誰でも手軽に焚き火を楽しめます。耐火ガラスを用いたメインドアを通して、ゆらめく炎に癒されます。

BBQ

きっとみんな一度は憧れたことのある“ピザ窯”。タキビーキャンならどこでも手軽にピザ窯が実現します。中があたたまったタキビーキャンの中の棚に具材を載せたピザ生地を置けば、約3分で絶品窯焼きピザの出来上がり♪

BBQ

天板に鍋が置けるのも大きな特徴です。浅めの鍋を置いてアヒージョをしたり、深めの鍋を置いてスープや煮込み料理をしたり、アウトドア料理の幅が一気に広がります。通常、焚き火の上に鍋を置くと、ススで真っ黒になったりしてしまいますが、タキビーキャンならその心配がなくお気に入りの鍋もきれいなままです。

 

 

まとめ

いかがでしたか? どれもかっこいいデザインで、とにかく料理が美味しくできるから、友達をたくさん呼んで、みんなに自慢したくなるアイテムたちです。みんなでお肉をほおばり、夜は火を囲んで語りあうのもいいですね。みなさんの用途に合わせて、お気に入りのBBQアイテムを手に入れて、楽しく、美味しい夏の思い出を作ってもらえるとうれしいです。

本格的なBBQはちょっとハードルが高いなという方には、手軽に使い切りでBBQを楽しめるアイテムをご紹介しています。
「クラフトグリルでお手軽BBQ!夏のイベントに困ったらコレ!」

この夏ぜひ使ってほしいCONNECTセレクト盛夏の送料無料キャンペーンも実施中です。夏の外遊びに役立つアイテムも対象に!
「【期間限定】対象商品を買うと送料無料キャンペーン」

 

今回紹介した商品のご購入はこちら

 


この記事を書いた人

本宮

アウトドアが好きで、週末は夫婦で山登りをしたり海でカヤックをしたり島でキャンプをしたり、四国の自然を満喫しています。最近、知人の畑の一部を借りて野菜作りをはじめました。採りたて野菜をシンプルに美味しくいただく料理法を勉強中です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップCONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちらメルマガ登録はこちら