【特別価格】日本の美を感じる北欧照明|一輪の花のような「アンダーカバー」

こんにちは。スタッフの本宮です。
北欧の照明といえば、Louis Poulsen (ルイス・ポールセン)を思い浮かべる方が多いと思いますが、次に挙げられるのが「LE KLINT(レ・クリント)」ではないでしょうか。「レ・クリント」は、1943年の創立以来、ルイス・ポールセンと同じくデンマークで長年愛されている照明メーカーであり、2003年にはデンマーク王室の御用達にも選定されました。

「レ・クリント」から発売されている『アンダーカバー』には日本の美が取り入れられており、日本の家に馴染みやすいペンダントライトです。そんな『アンダーカバー』ですが、残念ながらメーカー生産終了のため【数量限定・特別価格】でご提供いたします!

 

北欧から生まれたあかりの名品「レ・クリント」

レ・クリント LEKLINT 照明

「レ・クリント」はP.V.イェンセン・クリントが折り上げた、手作りのシェードから始まりました。日本の折り紙に影響を受けたといわれる幾何学的な白いプリーツシェードは、その優美なデザインだけでなく、紙製のシェードならではの優しい光と影を生み出す機能性からも長く広く愛されています。

 

空間にそっと色を添える『アンダーカバー』

レ・クリント 照明 アンダーカバー

白いプリーツシェードのイメージが強かった「レ・クリント」から、新しい発想をもった製品として登場したのが『アンダーカバー』。透明のアクリルで出来たシェードの内側に、薄いインナーシェードを入れることで、シンプルながらも空間にそっと色を添えることができます。

シェードサイズは2つからお選びいただけます。
・Sサイズ: φ240mm×H150mm、コード長さ1.5m(電球40W形LED付)
・Mサイズ:φ340mm×H210mm、コード長さ1.5m(電球60W形LED付)
インナーシェードはCONNECTで取り扱っている「サクラ」、「キク」、「グレー」の3種類についてご紹介します。

 

 

日本と北欧の美が融合した「サクラ」と「キク」

「サクラ」

レ・クリント アンダーカバー サクラ 照明

「キク」

レ・クリント アンダーカバー 照明 キク

「サクラ」と「キク」のインナーシェードをデザインされたのは河東梨香さん。河東さんは日本人の父とデンマーク人の母をもち、幼少期をドイツ、旧ソ連、スウェーデン、日本で過ごされました。多様な国や文化の中で得た経験を通して「異なる文化の融合」と「人を思うデザイン」をテーマに色と素材感を大切にしたものづくりを実践されています。

見えないところにもこだわりを持つ日本の美意識と、やさしい光を大切にする北欧の心が一つのランプシェードで融合しています。消灯時には白と薄いグレーのシンプルな模様だけが見え、明かりを灯すと、初めて裏に隠れていた色模様が花開きます。「サクラ」は淡いピンク、「キク」は温かみのあるオレンジの彩りを放ちます。まるで一輪挿しの花のように、華美すぎず、シンプルな中にそっと花が添えられます。

レ・クリント アンダーカバー サクラ

・「カフェテーブル」に

カフェテーブルの上に吊るせば、まるでカフェのような空間に。コードの長さは1.5mあるので、テーブル面とちょうど良い高さまで垂らして使うことができ、Sサイズは小ぶりなライトなので、下のほうに吊るされていても主張しすぎません。和の雰囲気にも合うので、古民家カフェなどに置いてもらってもきっと素敵だろうなと思います。

・「こどもコーナー」に

花柄は女の子みんな大好き。可愛いけれど、可愛すぎない大人な雰囲気もあるので、お子様が大きくなられても、違和感なくずっと使っていただけます。Mサイズを1つ吊るした場合、6畳くらいのお部屋では少し暗く感じてしまうと思いますので、部屋全体ではなく一角のコーナーを照らしたり、テーブルランプやフロアランプと組み合わせてお使いいただくことをおすすめします。

・「和のスペース」に

絵柄に和の雰囲気もあるので、和室や洋室の一角に設けた畳スペースにお使いいただくのもおすすめです。古民家をリノベーションした和の雰囲気のあるおうちなどにも似合うこと間違いなしです。

・「トイレ」や「洗面スペース」に

普通でありきたりになりがちなトイレや洗面スペースに、空間のアクセントとしてお使いいただくのもおすすめです。トイレなど1畳くらいの小さな部屋ならSサイズ1つでちょうど良い明るさになります。

 

 

どんなインテリアにも馴染む「グレー」

レ・クリント アンダーカバー 照明 グレー

「グレー」は、絵柄の無い、ただただシンプルなインナーシェードです。しかし、薄いグレーのインナーシェードがあることで、消灯時には電球を隠し、点灯時にはやわらかな光にしてくれます。色味がないので、モノトーンのスタイリッシュなインテリアにも、ナチュラルでシンプルなインテリアにもどんなインテリアにも馴染みます。

レ・クリント アンダーカバー キッチンカウンター

・「キッチンカウンター」に

CONNECTでは、手元作業の多いキッチンカウンターには、手元をしっかりと照らしてくれるペンダントライトを組み合わせることをおすすめしています。『アンダーカバー』のSサイズは小ぶりでキッチンカウンターの上に吊るしても主張しすぎず、横幅が広いキッチンには2灯吊るすと、見た目のバランスも良く、キッチンでの作業に十分な明るさを確保できます。

 “カウンターキッチンの照明は北欧ペンダントライトでおしゃれ&快適に!” 詳しくはこちら

・「ワークスペース」に

リビングの一角などに設けたワークスペースの手元灯に。主張しすぎないデザインで、ワークスペースを使用していない消灯時には、リビング全体のインテリアにあまり影響を与えません。横幅の広いワークスペースにはSサイズを2灯並べて、奥行のあるワークスペースにはMサイズを1灯で、小さめのワークスペースであればSサイズ1灯でちょうど良い明るさに。

・「寝室」に

Mサイズを1つ吊るすと、6畳くらいのお部屋ではすこし暗く感じてしまうかもしれませんが、寝室はあまり明るすぎないほうが、リラックスして眠りに入りやすくなるので、おすすめの使い方です。読書をされるなどもう少し明かりが必要なところだけ読書灯などを足していただくと、空間にメリハリもできて落ち着いた寝室になります。

・「パントリー」に

張り切ってキッチンの横に作ったパントリースペース、気を抜くと倉庫のような雑多な空間になってしまいがち。そこに温かみのある好きな照明をプラスすると、お気に入りの空間に整えたくなるモチベーションになります。

 

 

夏に嬉しいLEDの良いところ

今回『アンダーカバー』をご購入いただくと、LED電球をプレゼントいたします。LEDは「長寿命」・「省エネ」ということはご存知の方も多いと思いますが、夏に嬉しい良いところが他に2つあるんです。

・電球が熱くならないから、冷房コストもダウン

LEDは白熱灯や蛍光灯に比べて電球が熱くなりにくいという性質があります。それはLEDが「省エネ」で、電気を光に変換する効率が高いためです。光にならなかった残りの電気は熱になるため、光への変換効率が低い白熱灯は熱をたくさん出してしまいます。我が家で、テーブル上に付けた白熱灯のペンダントライトが夏に顔の近くで熱かったのでLEDに替えたら、とても効果がありました。電球から部屋に出る熱が少ないので、冷房コストも減らせます♪

・虫が寄ってこない

夏の夜に窓を開けると、網戸のところに集まる小さい虫。いつの間にか家の中や照明カバーに入って嫌な思いをするのは私だけでしょうか・・。実は虫たちは単に光に集まっているのではなく、白熱灯・蛍光灯から出ている紫外線に引き寄せられているんだそうです。LEDは紫外線をほとんど出さないため、虫が集まりにくいんです。

※白熱灯・蛍光灯用の照明器具はLED電球に対応していないものもございますので、電球のみ交換する場合は事前にご確認ください。

 

 

【数量限定・特別価格】でご提供いたします

メーカー生産終了のため、ストック分を数量限定で【特別価格30%OFF】にてご提供させていただきます。
<価格>
S  ¥36,000 →¥25,200 (税抜) シェード:φ240×H150mm(40W形LED電球付き)
M ¥43,000 →¥30,100 (税抜) シェード:φ340×H210mm(60W形LED電球付き)

インナーシェードは取り外し可能で、取り外すと透明のアクリルシェードになります。新品のため傷などはありません。コード長さ加工も有料で承ります。店内在庫商品のため、1~2営業日以内に発送いたします。

 

 

お引越しが先でも安心。1年間無料で保管いたします

「数量限定アイテムだから早く買っておきたい!」でも、「お引越しの日程がまだ先」・「新築、リフォームの予定があるが、完成までまだ数か月先」そんな方のためにCONNECTでは家具・照明の1年間無料保管サービスを行っております。

詳しくはこちら

 

 

まとめ

いかがでしたか? 日本の美を取り入れた「レ・クリント」のペンダントライト『アンダーカバー』についてご紹介しました。日本の家に馴染みやすいデザインなので、いろんなところに活躍の場がありそうです。今なら特別価格でご購入いただけるので、いくつか複数を吊るして使われるのも素敵だと思います。生産が終了しているため、この機会を逃すとお買い求めいただけないアイテムです。気になったお客様は、ぜひお早めにご検討ください。

 

今回紹介した商品のご購入はこちら


この記事を書いた人

本宮

アウトドアが好きで、週末は夫婦で山登りをしたり海でカヤックをしたり島でキャンプをしたり、四国の自然を満喫しています。最近、知人の畑の一部を借りて野菜作りをはじめました。採りたて野菜をシンプルに美味しくいただく料理法を勉強中です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップCONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちらメルマガ登録はこちら