リネン寝具は肌にやさしくひんやり快適。夏の寝苦しさもこれで解消!

こんにちは。スタッフの本宮です。だんだん夜まで蒸し暑くなってきて、真夏の寝具にお悩みの方も多いのではないでしょうか。

最近は、接触冷感の夏用寝具がいろいろ発売されていますね。私もいくつか試してみましたが、ポリエステルなど化学繊維のものは、触った瞬間ひんやりしますが、寝ていると熱がこもってムレてきたり、洗うたびに毛羽立ってきて、使い心地が悪くなるということがありました。

気持ち良く使い続けられる真夏の寝具を探していたところ、「ラプアンのリネンサマーブランケットがひんやりして気持ちいいよ!」とスタッフから勧めてもらいました。正直、手頃な値段ではないので悩みに悩みましたが、「ずっと長く使えるから」という言葉に背中を押され、1枚購入。使った初日から「買ってよかった♪」と大満足です。

『LAPUAN KANKURIT(ラプアン カンクリ)リネンサマーブランケット』を実際に使って感じた、上質リネンの心地良さをご紹介したいと思います!

 

リネンは天然の「接触冷感」素材

ラプアン リネン ブランケット 寝具

リネン(麻)は最も涼しい天然素材と言われ、古くから夏用衣料などに多く使われてきました。涼しい理由は、コットンやウールなどの素材よりもリネンの熱伝導率が高いためです。“熱伝導率が高い”ということは、手が触れた瞬間に触ったものに熱が移動する量が多いことを意味します。つまり、リネンに触れた瞬間にリネン生地へと体温が移っていくことによって、体の熱が奪われ、触れた部分がひんやりと感じるのです。

 

 

優れた吸湿性・速乾性。特に「敷く」ことをおすすめします

リネンの原料である亜麻の繊維は中が空洞になっています。空洞になっていることにより、吸湿性と速乾性に優れ、こもった熱を逃がして、汗を吸ってもすぐ乾いてくれる作用があります。上に掛けたり、敷いてみたりいろいろ試しましたが、特におすすめしたいのが「敷く」ほうです。敷いているシーツのほうが体と接している面積が大きく、たくさん汗をかいてムレやすいのですが、リネンはさらっと気持ちよく、化学繊維との違いを一番実感しました。

 

 

リネンが肌にやさしい3つの理由

洗ってすぐ乾くから、毎日洗えて清潔

リネンは速乾性に優れていて、晴れた日には朝洗ったら、お昼には乾いています。速く乾くことによって、カビや雑菌の繁殖を抑えてくれるので清潔に使え、アレルギーなどのトラブルを軽減する効果も期待できます。毎日洗っても替えが必要ないほどすぐ乾くので、いつも清潔に保つことができます。

 

肌への刺激になる汗を速乾

肌触りが柔らかく、吸水性と速乾性に優れているので肌への刺激の原因になる汗を速乾してくれます。一般的にポリエステルなどの化学繊維は吸湿性と放熱性が低いためムレやすく、汗が肌への刺激になってしまう可能性があります。

 

使うほどにやわらかくなる

リネンはとても丈夫で、水に濡れると強度が増す性質があります。使って洗うほどに生地がやわらかくなり、どんどん使い心地がよくなってきます。一方、化学繊維は使っていると、体とよく擦れるところから毛羽立ってきて、肌触りが悪くなり肌への刺激にもなってしまいます。

 

 

ラプアンのリネンはヨーロッパのお墨付き。ウォッシュドリネンとは?

「LAPUAN KANKURIT(ラプアン カンクリ)」は、北欧で唯一、ヨーロッパリネン連盟から”Masters of Linen(マスターオブリネン)”の認定を受けている工場です。栽培から加工品質まで厳しい審査基準をパスした、高品質リネン製品にのみ与えられる称号で、リネンの質はヨーロッパのお墨付きです。

リネンはよく聞くけど、ウォッシュドリネンは初耳という方も多いのではないでしょうか? 「ウォッシュドリネン」とは、その名の通り、”洗い”という行程がすでにかかっているリネンのこと。そのため、使い始めから何年も使い込んだようなクタっとした柔らかさで、肌触りがとっても気持ちいい素材なんです。コットンに比べて肌触りが硬いといわれるリネンですが、ウォッシュドリネンならコットンにも負けないやわらかさです。

 

 

ソファカバーも夏らしく涼しげに衣替え

さらっとひんやりする肌触りは夏のソファカバーにもぴったりです。汗をかいてもすぐ洗えるので、夏でも気兼ねなくソファの上でごろごろできます。さっとソファに掛けるだけで衣替えができ、リビング全体を夏らしく、涼しげに見せることができます。

ラプアンのサマーブランケットは「150×200cm」と「150×260cm」の2サイズあります。下の写真のように、「150×200cm」のサイズを3シーターソファに掛けるとシート部分がちょうど覆われるくらいになります。「150×260cm」を同じ3シーターソファに掛けるとアームの部分までたっぷり覆われ、ソファ全体の模様替えにもなります。


▲KASTE ホワイト/ブルー (150×200cm) を3シーターのソファに掛けた場合


▲USVA イエロー (150×260cm) を3シーターのソファに掛けた場合

 

 

掛けるなら、すこし小さめのリネンタオル

  

体の上に掛けるなら、サマーブランケットより少し小さめの「リネンタオル」がおすすめです。リネンタオルという名前ですが、サイズは「95×180cm」あり、女性であれば体全体を覆うことができ、暑いときはお腹にだけ掛けて寝るのにもちょうど良い大きさです。冷房による冷え対策のひざ掛けとしても、さっと掛けられる薄さと大きさがちょうど良くおすすめです。

 

 

まとめ

いかがでしたか? ちなみに私はUSVAのイエローを1枚購入したのですが、使い心地だけでなく、きれいな黄色のラインがとても気に入っています。汚れてもすぐに洗えて、コンパクトに畳めるので、「夏のキャンプの寝具に持って行こう♪」と、今からウキウキしています。1枚持っているだけでウキウキできる寝具ってなかなか無いので、やっぱり買ってよかったなと改めて思っています。

高品質なリネンはずっと長く使えて、10年くらいすると独特のツヤが生まれてくるそうなので、これからだんだん育っていくのがとても楽しみです。みなさまにもぜひラプアンのリネンで心地よい夏の夜を過ごしてもらえると嬉しいです。

今回紹介した商品のご購入はこちら


この記事を書いた人

本宮

アウトドアが好きで、週末は夫婦で山登りをしたり海でカヤックをしたり島でキャンプをしたり、四国の自然を満喫しています。最近、知人の畑の一部を借りて野菜作りをはじめました。採りたて野菜をシンプルに美味しくいただく料理法を勉強中です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップCONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちらメルマガ登録はこちら