コーヒーテーブルの名作が復刻|イサム・ノグチのこだわりとは?

こんにちは、ヤマモトです。

今、CONNECTの実店舗には、イサム・ノグチのコーヒーテーブルがあります。言葉は変かもしれませんが、ただ、置いているだけなのに、すごい存在感です。どっしりしているのに繊細で美しくて、少し懐かしい感じもして…和にも洋にも合ってしまう本当に不思議で魅力的なイサム・ノグチのコーヒーテーブルをご紹介します。

 

 

イサム・ノグチが「最高のデザイン」と認めたコーヒーテーブル

 

1944年にデザインされたこのコーヒーテーブルは、ガラスの天板や脚部がまるで生きているかのような有機的なフォルムで、彼の彫刻作品の1つのようです。不思議な脚の形はテーブルとは思えないですよね。一見、不安定そうにも見えるけれど、よく見るとしっかりと支えられていて、安定感があります。この不朽の名作と呼ばれるノグチテーブルは、vitra社が復刻しました。75年も前のデザインですが、今もなお新しさを感じることができます。不朽の名作と言われているのにも納得ですね。

天板は19mmの強化ガラスで、とても存在感がありますが、透明なのでそう広くないお部屋に置いても圧迫感を感じさせません。天板に描かれたイサム・ノグチのサインが嬉しいですね。

 

 

 

香川県にゆかりが? アーティスト・デザイナーとして活躍した日系アメリカ人のイサム・ノグチとは

 

イサム・ノグチの父は、詩人、英文学者の野口米次郎(ヨネ・ノグチ)で、母は、作家、教師のレオニー・ギルモア。
1904年に、ロサンゼルスで生まれ、3歳の時に母と来日し神奈川県茅ヶ崎で少年時代を過ごしました。日本では自宅の新築設計を手伝うなど数々の建築作品に携わり、14歳で単身渡米。コロンビア大学医学部で医学を学びつつ彫刻家の助手やレオナルド・ダ・ヴィンチスクールに通い、彫刻を学びました。パリをはじめ日本や中国、イタリアなど世界各地を旅しながら、各国で得た体験や技術を自身の作品に反映し、繊細かつ大胆、伝統的でありながらモダンという独自の作品世界をつくりあげていきました。
アトリエはニューヨークと香川県高松市牟礼町の2箇所にあります。香川県に店舗を構えるCONNECTと同じですね。今、アトリエは「イサム・ノグチ庭園美術館」となっており、多くの作品を見ることができます。

 

 

脚部のカタチに何を感じますか?

 

多大な作品を残しデザインやインテリアにあまり詳しくない人でも彼の名前は聞いたことがあるかもしれません。世界中で称賛されたイサム・ノグチですが、幼少期から長く孤独を感じていたようです。1900年代初頭は今よりもハーフに対する風当たりが強かったこともあり、彼は、自分自身を日本人と思っていたけれど、「日本の人は、自分を西洋人だと思っていた」とアメリカでよく言っていたそうです。日本人の父とアメリカ人の母との間に生まれた子として、帰属する国を持てなかった生い立ちからか自分のアイデンティティに長い間確信を持てなかったのかもしれません。私は、イサム・ノグチの2つの側面を脚部のデザインに感じました。皆さんは、どのように感じますか?

 

 

 

和室にも洋室にも合わせやすいナチュラルオークは、2019年12月末までの期間限定アイテム

 

2002年より、ヴィトラデザインミュージアムとヴィトラは、ニューヨークのイサム・ノグチ財団とともに、彼のデザインの復刻版を制作しています。
そしてヴィトラのキャンペーンに合わせて、限定アイテム(ナチュラルオーク)を発売します。ライトカラーで木目が美しい「コーヒーテーブルナチュラルオーク」は、2019年末までの限定販売です。
日本でもイサム・ノグチの人気は高く多くのリプロダクト品や類似品が多く出回っていますが、日本で正規品が買えるのはvitra(ヴィトラ)だけです。
どの商品も形はよく似ていますが、このつなぎ目の美しさを是非ともよく見て欲しいです。多くの類似品はこの部分に大きな違いがでます。

 

 

 

イサム・ノグチは、日本の指物(さしもの)師のもとで見習い修行した経験を持っています。
指物とは金釘を使わずホゾなどの技法を用いて木工を組み立てることをいい、日本独自の技法です。その構造の適否は作品の耐久性や美的効果に直接関係しており、目的・用途に合うように作られます。そんな細部へのこだわりが最高のデザインの柱になっているのかもしれませんね。

 

 

イサム・ノグチ、コーヒーテーブル使用感とサイズはこちら

 

三角形ですので、一辺を壁につけて置いていただくと、緩やかなカーブがインテリアに動きを出してくれます。もちろんコーナーにもスッキリと納まりますし、中央に置けば、どの方向からもお使い頂けます。サイズは、幅128×奥行93ですので、三角形でも広々とお使いいただけます。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?
イサム・ノグチ本人が、最高のデザインと認め、細部にまでこだわった有機的な形。
75年経っても色あせることのないデザインは、洋室にはコーヒーテーブルとして、和室には座卓としてお使いいただけ、お部屋の雰囲気をぐっと格上げしてくれますよ。
脚部の素材はブラックアッシュ、メープル、アメリカンウォルナットに加えて、2019年末までの限定販売素材「ナチュラルオーク」をご用意しています。ナチュラルオークは、「ライトカラーで木目が映える」とCONNECTでも人気が高くおすすめです。

 

 

20世紀を代表する彫刻家の家具を置けるなんて、優雅で贅沢な気分になりますね。この機会にいかがでしょうか?

 

今回紹介した商品のご購入はこちら

 


この記事を書いた人

ヤマモト

山と川は好き、海は苦手、でもBBQは海鮮多めと決めている3児の母。 最近、運動不足なので体を動かせる趣味を探し中です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップCONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちらメルマガ登録はこちら