見せたい自慢のキッチンへ。シンプルにこだわった水切りトレー新発売!

こんにちは。家事のなかで食器洗いが一番おっくうなスタッフ本宮です。
キッチンまわりって物が多く、ついつい散らかった感じになってしまいますよね。

CONNECTスタッフが家を新築して、アイランドキッチンにしたときに困ったのが、食器用洗剤とスポンジの置き場所だそうです。壁付けキッチンであれば、物を置いていてもあまり目立ちませんが、アイランドでオープンなキッチンは物が上にあると目立ってしまいます。でも、毎日使う洗剤とスポンジは濡れていることもあって、取りやすい台の上に置きたいもの。

アイランドキッチンをこだわって選んだから、台の上はすっきりさせたい! 洗剤とスポンジを置いてもキレイに見せたい! でも、洗剤とスポンジを置く水切りトレーで台の上に置きたいようなすっきりしたデザインのものが売っていない。同じことにお困りの方は多いのでは!?  ということでCONNECTがオリジナルで作っちゃいました。

新商品CONNECTオリジナルのトレー「mizukiri(みずきり)」についてご紹介します!

 

マーチソンヒュームが引き立つ!とことんシンプルな水切りトレー

mizukiri アイランドキッチン

mizukiriを作るときに何よりこだわったのが、シンプルでアイランドキッチンの上に置いても目立たないこと。ステンレスのヘアライン仕上げでツヤを抑え、存在感を出し過ぎないようにしています。サイズは洗剤とスポンジが余裕を持っておける広さがありつつ、厚みを抑えてすっきり見せています。

美しいボトルデザインがCONNECTでも大人気の食器用洗剤「Murchison-Hume(マーチソンヒューム)」を置けば、すっきりしながらもアクセントになり、写真に撮りたくなるような、人を呼んで見せたくなるような、自慢のキッチンにしてくれます。

美しいボトルデザインが絵になる洗剤 「Murchison-Hume(マーチソンヒューム)」の商品一覧はこちら

 

mizukiri 水切りトレー

mizukiriは受け皿の上に水切り板が乗っている仕組みです。水切り板には細かい間隔でφ3㎜のパンチング穴が開いており、しっかり水を下に落とす機能とスタイリッシュさを兼ね備えています。素材はクロムとニッケルを含むステンレスで錆びにくく、軽量で強度に優れており、プラスチックやシリコンのものに比べて長くご使用いただけます。

mizukiriの開発に一緒に立ち上がってくれたのは、ステンレス製品をデザインされている、愛媛県松山市の「earthworms(アースワームズ)」という会社です。実際の建築現場からの意見を汲み取り、必要とされているものを創り出しています。大量生産にはない美しさやチカラを感じるプロダクトづくりを大切にされています。

 

mizukiri 水切りトレー キッチン

余計な装飾がないので、ステンレスのキッチンだけでなく、白い樹脂製のキッチンや木製のキッチンにも、目立たず馴染んでくれます。

 

 

食洗機の補助役としても大活躍

食洗機を使っている方には、ちょっとしたものを洗って置いておく補助役としても大活躍してくれます。

食洗機では割ってしまいそうな大切なグラスを置いたり・・mizukiri 水切りトレー キッチン ワイングラス

さっと洗ったカトラリーを置いたり・・
mizukiri 水切りトレー キッチン カトラリー

食洗機では洗えない水筒を置いたり・・
mizukiri 水切りトレー キッチン 水筒

食洗機をメインで使っているから水切りかごは置きたくないけど、ちょっとしたものを洗って乾かしたいという気持ちにちょうどよく応えてくれるサイズです。

 

 

その他にもさまざまな置き場に使える水切りトレー

洗剤とスポンジがすっきり置けるように開発を始めた水切りトレーですが、使い方はその他にもいろいろあります。

◇こどもでも取りやすいように、よく使うグラスを置く

mizukiri 水切りトレー グラス キッチン

よく使うグラスを置いておいて、そこからさっと取って飲み物を飲むという使い方。グラスがだいたい3個並ぶくらいの大きさです。これからの暑い季節、グラスは頻繁に使うものだから、こどもでも取りやすいところに置いて、自分で注いで飲めるようにしておくのもおすすめです。洗ったグラスをそのまま置いておけます。

 

◇まな板を置く

mizukiri 水切りトレー まな板 キッチン

後ろに壁があるところでは、まな板置き場としても使っていただけます。
水切りかごを置いていない場合、まな板の置き場所ってむずかしいですよね。よくある他のシンプルなまな板スタンドは、まな板を立てかけられても、水受けが付いていないものが多く、キッチン台に水がたまってしまうことがあります。放っておくと清潔ではないし、その都度拭くのも手間になります。mizukiriであれば、まな板の水気を乾かしながら、受け皿で水を受け止めてくれるので、まな板もキッチン台も清潔に保てます。

 

◇調味料を置く

mizukiri キッチン 調味料

コンロの近くに置いて、調味料置き場としてお使いいただくのもおすすめです。使いかけの油や調味料を置いていると気付かぬうちに下に液ダレが・・ということってよくありますよね。そんなとき、下にmizukiriを置いておけば、受け皿で受けてサッと洗えるので、キッチン台を汚して傷める心配がありません。

 

お手入れ方法について

mizukiriのお手入れ方法についてご紹介します。ステンレス製で水に強く、さびにくい素材ですが、清潔に保つために少しお手入れが必要です。

1. たまった水を捨てる

mizukiri 水切りトレー お手入れ

水切り板をあけて、下の受け皿にたまった水を捨てます。たまった水は定期的に捨てて、清潔に保ってください。

 

2. メラミンスポンジで洗う

mizukiri お手入れ

汚れが付いている場合は、洗剤などは使わず、メラミンスポンジに水をたっぷり含ませてやさしく洗います。

 

3. 乾いた布で拭く

mizukiri お手入れ

最後に、乾いたやわらかい布で拭けば、お手入れ完了です。

 

 

まとめ

いかがでしたか?アイランドキッチンで洗剤とスポンジがすっきり置けるようにという想いから、オリジナル開発した水切りトレー。その他にも、食洗機の補助役としてちょっとしたものが乾かせたり、いろいろなものの置き場になったりと様々な役をこなしながらも、目立ちすぎない、キッチンの名脇役です!

CONNECTはシンプルで長く使えるものをセレクトしてみなさんにご提案しています。シンプルですっきりしたデザインのものって探してもなかなか見つかりません。CONNECTとearthwormsはともに、「こういうものを探していた」と言っていただける方に、mizukiriが届けば嬉しいです。

 

今回紹介した商品のご購入はこちら

 


この記事を書いた人

本宮

アウトドアが好きで、週末は夫婦で山登りをしたり海でカヤックをしたり島でキャンプをしたり、四国の自然を満喫しています。最近、知人の畑の一部を借りて野菜作りをはじめました。採りたて野菜をシンプルに美味しくいただく料理法を勉強中です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップCONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちらメルマガ登録はこちら