新しく吹きガラスの器が入荷しました。

こんにちは。
もう夏ですね~!!
冷たい飲み物が手放せなくなりました。

実店舗では新しくガラスの取り扱いが始まりました。

WASHIZUKA GLASS STUDIO。

いい道具であるほど身近に感じられると思います。道具とは常に人の生活を助けてくれるものです。
だから道具のデザインは良くも悪くも目立ちすぎず、いつもそこにあると自然に思わせることが大切です。

それには率直な「シンプル」さが大切だと考えます。
毎日を心地よくすること、
そして製品としての豊かさを保ちながら「シンプル」に仕上げること。

ステキな作り手さんだな~と吹きガラスが大好きな私はニマニマです。
毎日使いたい。そんなアイテムです。

bowl (smoke)

これからの季節に活躍しそうなボウル。
大きいサイズは素麺にピッタリです。
小さいサイズはサラダやマリネを入れると涼しげで
見た目もスッキリしますよ~

横からのフォルムもステキ~


口元には黒いマットガラスを使っているので
ツヤのあるガラスとマットなガラスでシンプルな中に落ち着いた雰囲気になってます。

dish(clear)

このお皿。
ものすごくタイプです。
鷲塚さんのガラスはポンテ跡(吹き竿から口元を広げる為に別の竿に移します。その時にガラスとガラスがくっついた跡)
も丁寧に磨いてるので底もとてもキレイなんです。

大きいサイズはカルパッチョとか。。。
あ~ヨダレがでそうです。
器を見ながら何をのせるといいかな~と考える時間も楽しいですよね!

clearは底の表面を炎で焼成してあるので、ほんのりと黄色いガラスになっています。
このほんのり具合とガラスの厚さが絶妙で、ずっと見てられます。

 

ashitsuki(clear)

個人的に、ジャック跡がとても好き。
ジャックは口元を広げたり成形するときに使う道具なんですが、
ジャックが当たる所に線がはいるんですよね~
昔からジャック跡が好きなんです。(笑)
どれ?と思われたかた、ぜひ店頭でお声かけください。

そしてこのカップとプレートの間のステム。
これにもステキポイントが沢山詰まってます。

作家さんのガラスを見ると、吹きたくなりますね~
もうなにも作れませんが。。。

実店舗にて実際みてみてくださいね~
WASHIZUKA GLASS STUDIOはひとつひとつ箱に入ってます。
贈り物にもピッタリですよ~


この記事を書いた人

yamashita

大学では吹きガラスを専攻していました。 CONNECT実店舗でiittalaのタンブラーを眺めてはニヤニヤしてしまう程ガラスが好きです。 趣味は愛猫と遊ぶこと、旅行の計画をたてる事。飛行機が離陸する瞬間が一番ワクワクします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップCONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちらメルマガ登録はこちら