都内から空き家に移住されたN様邸に薪ストーブを設置してきました。

先週の投稿から1週間。。早くもミヤタケ登場です…。
娘の卒業式も無事終わりました(#^^#)
雷にひょうに強風に荒れた週末。卒業式は大丈夫か?と心配していましが、晴れ女ミヤタケ天気回復し最高の卒業式でしたぁ!!

卒業証書をしっかりと受け取った娘。私のところまできて表彰状を見せてくれたと思ってたら手紙までもらえるになんて。
我慢できず直ぐに読んだミヤタケやられました。。。涙がとまらず周りのお母さん方もボロボロでした。

自分が卒業した小学校で娘が卒業するとは思いもよらず。本当に嬉しい事です!!

本題の薪ストーブの話しに…
先日、3年前に都内から香川県に移住されたN様邸に薪ストーブHWAM Monet H (廃盤機種でありお店に展示していた機種)を設置してきました。

                           

N様は香川県のゲストハウスに泊まったのをきっかけに移住先の環境がとても気に入られてご家族と一緒に移住を決められたんです。
昔の家なので気密も断熱もない。冬になれば家の中が寒くて仕方ない。そんな中、1年目は石油ストーブ1台で過ごしたけど余りにも寒さに耐えれず2年目にもう1台追加されて。
石油ストーブ2台でダイニングと繋がっているくつろぐ部屋を十分に温まらないと。。近所の方で薪ストーブを設置してる方がいて見にいったのもあり、タイミングが重なりCONNECTが薪ストーブの看板だしているのを見かけて来てくれました。

1月にご相談があり薪ストーブの設置するまで2カ月弱。後付けと言う事もありまが、導入するまでのスピードが今までで1番早かったと思います。
お客様のタイミング。機種選定。予算の問題。好条件が重なり今シーズンに間に合いました。

ストーブ工事は、家の構造や屋根から煙突を出す方法でかかる日数が変わりますがだいたい1日あれば終わります。
N様邸も天気もなんとかもち1日で終わりました。

2つ日後に火入れにN様のご友人も一緒に見学。。
火をつけてから20分程で、ガラス面は250度まであがりポカポカとしてきました。

40分経つとオーブンの炉内にある石の温度も200度に!!
ピザを焼いたり、グラタンを作ったりお料理する楽しみも増えます。

「じんわりと暖かい」「ずっと炎を見ていられる」「めちゃくちゃいい!!」「お酒飲みながら寝そう」「炎がキレイ」「焚火とはまた違う燃え方。炎の感じも違う」とお客様の声が聞ける時間でもあります。薪ストーブっていいなぁと改めて実感。と同時に嬉しくなる瞬間でもあります。


この記事を書いた人

hiromi miyatake

生まれも育ちもCONNECTがある地元っ子宮武です。 こんな田舎にインテリアショップがあるなんてほんと穴場です。 12歳娘・8歳息子達の体力に負けないようジム通いしてます(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップCONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちらメルマガ登録はこちら