幅160cm以上のゆったりサイズの北欧ダイニングテーブルおすすめ3選

こんにちは、自宅のリフォームのタイミングでダイニングテーブルの買い替えを検討しているスタッフのメオです。
 
今はDIY好きの旦那さん自作のダイニングテーブルで日々過ごしていますが、今後自宅をリフォームするとなったらダイニングテーブルも買い換えたいな~と密かに考えています。(旦那さんにはまだ言ってません…笑)
 
買い換えるなら家族で余裕を持って使えるサイズのダイニングテーブルがいいなぁと思っています。たまに友人や親戚などの来客もあるので、みんなが居心地良く感じるダイニング空間にしたいですね。
 
 
カールハンセン Yチェア
 
家族や友人と会話をしながら食事をしたり、お酒を楽しんだり、何時間でもくつろげるような場所にしたいダイニングスペース。​居心地良く感じるダイニングには、ゆったりとしたスペースがある大きめサイズのダイニングテーブルがオススメです。
北欧の暮らしに学んだCONNECTのオススメする、幅160cm以上のゆったりサイズのダイニングテーブルを今回ご紹介したいと思います。
 
CONNECTがオススメしたい!
幅160cm以上のゆったりサイズのダイニングテーブル
 
カールハンセン Yチェア ダイニング
 
一般的に、4人家族の場合は120~130cmのテーブルサイズ、6人家族までなら150~160cmのテーブルサイズで十分食事をするスペースが確保できると言われています。しかし4~6人家族の場合、CONNECTがオススメしているのは160cm以上の大きめサイズのテーブル。アーム付きのチェアを合わせても狭く感じることがなく、ゆったりと食事の時間を楽しむことができます。
 
また来客の多い方は特に、広々とした天板のあるテーブルの方がたくさんのお料理を並べた時にも圧迫感がなく、1人当たりの使えるスペースが広いと気持ち的にもゆとりができます。
そこでCONNECTがオススメするゆったりサイズのダイニングテーブルを3点厳選しました。ダイニングのコーディネートの写真と共にご紹介したいと思います。
 
 
 
ゆったりサイズのダイニングテーブルおすすめ3選
 
CARL HANSEN&SON (カールハンセン&サン) CH006 / ダイニングテーブル
サイズ:W1380×D900×H720 【片側伸長時】W1870【全伸長時】W2360(約mm)
 
カールハンセン Yチェア ダイニング
 
カールハンセン Yチェア ダイニング
 
カールハンセン テーブル ダイニング
ハンスJ.ウェグナーが68歳のときにデザインしたCH006テーブル。左右に折り畳み式のハネがついており、用途に合わせて伸び縮みさせることができるのが特徴です。このようなしくみの楕円テーブルは、ヴィンテージテーブルなどでもよく見かける形ですが、片方だけ降り畳んで使えるのはCH006テーブルならでは。
片方だけハネを折りたたんでピッタリと壁付けにもできるので、空間を無駄なく使うことができます。幅190cmの大きなテーブルがあれば、食事の支度をしながらお子さんが勉強したり、時には家族みんなで手作り餃子をしたり…家族が集まる楽しいダイニングをつくることができます。CONNECTの取り扱っているテーブルの中でも1番のオススメテーブルです。
 
 
 
 
Fritz Hansen(フリッツ ハンセン) ANALOG(アナログ) JH63 オーク/オーク
サイズ: W1850×D1050×H720 (約mm)
 
フリッツハンセン アナログ テーブル
 
フリッツハンセン アナログ テーブル
 
「テーブルは複数の機能を同時に満たすべきだ」というアイデアから、家族が集まり、食事をし、本を読み、仕事をする…座る人みんなの顔が見える、などの点を実現させた特徴的なフォルムの天板を用いたデザインのFritz Hansen(フリッツ ハンセン)ANALOG(アナログ)JH63。脚部分は、テーブルのコーナーであっても座ることができるよう考慮されていて、アナログは正方形ではなく、円形、楕円形でもない、古典的な形状からベストな部分だけをとった、テーブルの新しい形です。天板の厚みを薄く設計することで大きさをそこまで感じさせず、スッキリとしたダイニングスペースを作ることができます。
 
 
 
 
北欧ヴィンテージ エクステンションテーブル(vd1801-73 )
サイズ:W1395×D890×H740【全伸長時】W2460(mm)
 
北欧ヴィンテージ テーブル
 
北欧ヴィンテージ テーブル
 
北欧ヴィンテージ テーブル
 
1960年代ほどにデンマークでつくられた、丈夫で美しいヴィンテージのダイニングテーブル。こちらは幅が約1400mmとコンパクトなサイズのテーブルなのですが、実はテーブルの下に収納された天板を引き出すと、約2460mmのダイニングテーブルに早変わり!片方だけ広げることも可能なので、普段使いは天板を収納して使い、来客時には天板を引き出して使うなどシーンに合わせてお使い頂けるのがうれしいところです。また脚間が最大限とれるよう、テーブルの4隅に脚が付いているのが特徴で、アームチェアのような幅広のチェアでも余裕を持っておくことができます。 落ち着いた大人なインテリアがお好みの方にはヴィンテージテーブルがオススメです。
 
その他のヴィンテージテーブルはこちらから
 
 

 

意外な落とし穴!
北欧の有名メーカーは納期が約4ヵ月かかります

店頭やお電話でのお問合せで多いのが、ご希望の商品の「納期について」。これから完成する新築で使用したいと思っていても、ご希望の期日にご用意することが難しい場合も多々あります。

例えば、1番納期のお問合せが多いCARL HANSEN&SON(カールハンセン&サン)の家具の注文であれば、日本のカールハンセン&サンのメーカーさんが在庫を持っている取寄せ品と、本国デンマークへの受注生産品とに分かれます。商品によって納期はまちまちなのですが、基本的に日本のメーカー取り寄せ品であれば、10営業日以内の発送が可能です。(※メーカー欠品の場合は別の納期になります。)
ですが本国デンマークへの受注生産品であれば、ご注文を頂いてからの製作になるので、約4ヵ月ほど取寄せにお時間を頂くようになります。

 

●日本のメーカー取り寄せ品の場合●

商品ページの赤線で囲んであるところを見ると「納期:通常10営業日以内の発送(メーカー欠品の場合は別)」という記載があります。この場合は日本のメーカーさんへお取り寄せとなるので、だいたい10営業日以内で発送の手配をさせて頂くということになります。ですが、あくまで通常の場合ですので、日本のメーカーさんが欠品の場合はお時間を頂くようになります。

 

 

●本国デンマークへの受注生産品の場合●

こちらは受注生産品の場合の記載です。赤枠内の記載の通り、お客様よりご注文を頂いてからの生産となりますので、通常であれば約4ヵ月ほどお時間を頂いております。

近々北欧の家具メーカーのチェアやテーブルなどのご購入をご検討頂いている方はお早目のご注文が先決です。新しいおうちは出来上がったのに、テーブルもチェアもまだ届かない…なんてことにならないためにも、納期はきちんと確認しておくようにしましょう。

 

 
 

早めの購入でも安心。
CONNECTが1年間無料保管いたします

新築やリフォーム時に置きたい家具を早めに探したい方が多いと思います。これだ!と思える家具が見つかったけど、今すぐ保管する場所がない…。そんなお客様のためにCONNECTでは、商品ご購入後から最大1年間無料で保管させて頂いております。

【例えばこんなお客様が対象】

・お引越しの日程が何ヵ月も先の方
・新築、リフォームの予定があるが、完成までまだ数ヵ月も先の方

簡単に無料保管サービスをご説明させて頂くと…

①商品ご購入後、当店にて無料で1年間保管させて頂きます。

②配送先・配送日が決まり次第、下記のお問合せ先までご連絡をお願い致します。

③ご指定日に到着するよう配送の手配をさせて頂きます。

【注意】商品のお支払いがお済の方のみのサービスとなりますのでご注意ください。

ご不明な点などございましたら、店頭またはお電話・メールにてお気軽にご相談くださいませ。

【お問合せ先】
CONNECT WEBSHOP
https://www.connect-d.com/
TEL:0877-86-1244
営業時間:10時~17時 月~金

 
 
まとめ
 
いかがでしたか?家族や友人と食事を楽しむダイニングスペース。大きめサイズのダイニングテーブルには自然と人が集まり、暮らしの中心地になります。ゆったりサイズのテーブルを選んで、家族や友人などが居心地良く感じるダイニングスペースをつくってみてはいかがでしょうか。
またカールハンセンのお得なキャンペーンも始まりますので、現在新築やリフォームのタイミングでダイニングテーブルの購入または買い替えをご検討頂いている方は、ぜひこの機会にご検討下さいませ。
 
 

もっとたくさん北欧のダイニングテーブル一覧はこちらのリンクからご覧いただけます↓

今回紹介した商品のご購入はこちら


この記事を書いた人

meo

1児の母になり2018年の春から復帰をしました。以前はCONNECTの店頭で接客を担当、復帰してからはwebを担当しています。お料理をすることが好きで、レシピ本は1日中眺めていられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップCONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちらメルマガ登録はこちら