「自然を飾る」デンマークの若きデザイナーSilke Bonde(シルケボンデ)が描く繊細で優しいアートポスター

こんにちは、アート作品は奥が深いなとしみじみ感じているスタッフのメオです。


山口一郎 動物シリーズ 012 / LL /

CONNECTでは以前から、画家「山口一郎」さんのアート作品を取り扱いさせて頂いてます。最近では、東京表参道にオープンしたラルフローレンや、六本木ヒルズにあるビームスで山口一郎さんの絵が飾られていたり、ますます活躍の場を広げている今大注目の画家さんです。

山口一郎さんの作品はインパクトがあって、見ているだけで生命力や躍動感が伝わってきそうな力強い作品が魅力なのですが、この度CONNECTでは山口さんとはまた一味違った魅力のある、新しい作家さんのアート作品を取り扱うことになりました。それはSilke Bonde(シルケボンデ)というアーティストの作品です。

今回はそのSilke Bonde(シルケボンデ)についてご紹介をしたいと思います。

 

 

Silke Bonde(シルケボンデ)


Photo by:https://www.silkebonde.com

デンマーク・コペンハーゲンで活動する若き女性グラフィックデザイナー兼アーティストです。幼少期から自然に触れることが好きだった彼女は、自然界にある風景や植物などからインスピレーションを受けて作品で表現しています。彼女の作品は水彩画で描かれていて、水彩画ならではの透明感、色の滲みなどを活かした作品が多く、今までにない新しい世界観が魅力です。

 

 

繊細で優しい。水彩画の魅力とは

Silke Bonde(シルケボンデ)の作品は私たちにも馴染みのある水彩画です。水彩画と聞くと小中学校の頃の美術の時間を思い出しますよね。水彩画というのは水彩絵具で描かれた絵のことをいいます。そんな水彩画の特徴と魅力について簡単にまとめてみました。

【水彩画の特徴と魅力】

①透明感があり、発色が綺麗
②透き通るようなみずみずしさが魅力
③使う水の量を調整することでぼかしや滲みを活かした作品が描ける
④柔らかく優しい印象が表現できる

水彩画の特徴は「水を使うこと」。Silke Bonde(シルケボンデ)自身も、水という予測できない素材とアナログな方法を好み、水彩画という表現方法で作品を生み出しています。
Silke Bonde(シルケボンデ)が感じた自然と水彩画がうまく調和して、この美しいアート作品が生まれているんだなと思いました。

 

 

アートプリントについて

手描きのようにも見えるSilke Bonde(シルケボンデ)の作品ですが、実は原画をプリントした「アートプリント」という作品になります。アートプリントとは日本語で言うポスターのようなもので、普通の印刷よりも多くの特殊インクを使い、ほぼ原画と同じ色を再現することができます。
アートプリントの場合、紙の質がポスターよりも上質で厚手なので、見た目は原画とほぼ同じになります。でもポスターとアートプリントの違いで言うと、ポスターの場合そのまま壁に飾りますが、アートプリントの場合は額に入れて飾ることが多いです。

 

 

Silke Bonde(シルケボンデ)の美しい作品たち

インテリアにさりげなく彩りを添えてくれるSilke Bonde(シルケボンデ)の作品たち。その彼女の作品の紹介と合わせて、実際にお部屋に飾った雰囲気がわかるイメージ写真も一緒にご紹介したいと思います。

 

Dot(ドット)/ M

『アンダーウォーター』コレクションの中の「Dot」という作品。彼女が実際にダイビングをしている時に、水面下に潜った時に見られる形やパターン、構造からインスピレーションを受けたものです。水面下で出会った全ての美に圧倒された彼女は、皆にもこの体験をして欲しいと思い、絵におこしたそうです。水彩画特有の滲みや色の重なりが美しい作品です。

 

Seabed(海底)/ L

この作品は『ルッキングクローサー』というコレクションの中の作品「Seabed(海底)」。青と緑の色を使うことで北の自然と水面下に見られる美しさを表現しています。もやもやっとした雨雲のようにも見える作品ですが、ずーっと見ているとなぜか目を奪われて引き込まれてしまう、不思議な魅力のある作品です。

 

Blue world(青い世界)/ L

「私たちは皆同じ惑星に住んでおり、私たちは同じ自然の中で生きています。それを感謝して大切にしなければなりません。」Silke Bonde(シルケボンデ)からこの作品に対してこのようなコメントがありました。青い世界地図は、旅をすることで広い世界を知り、もっと自然の偉大さを知って欲しい、そんな思いが込められています。

 

Leaf lines(葉脈) ブルー / L


▲右:Dot(ドット)/ M

写真の左側の作品「Leaf lines(葉脈)」は一見シンプルな直線の作品に見えますが、その名の通り葉っぱに見られる葉脈を拡大して描かれたものです。ひとつひとつの葉が自然によってつくられた個性的なアートピースであり、規則的な中にも柔らかさと繊細さが垣間見える作品です。Silke Bonde(シルケボンデ)の作品は上の写真のように、サイズやデザインの違う作品同士を並べて飾ってもステキなんですよ。

 

Dew(露)/ L

夏の朝に、彼女が数滴の露がついている植物に近づいてみると、それぞれの葉の上で露が美しいアート作品をつくっているのを発見します。それを表現したのがこの「Dew(露)」。私たちが何気なく見ているものをアートとして捉えることができる感覚は本当に素晴らしいですよね。

 

CONNECTオリジナルフレームに入れてお届けします。

CONNECTでSilke Bonde(シルケボンデ)の作品をご購入のお客様には、CONNECTオリジナルの木製フレームに入れてお届けをさせて頂いてます。北欧のインテリアに合うよう、オーク材のオイル仕上げのフレームにしています。セッティングした状態でお送りさせて頂いてますので、到着したらすぐにお好きな場所に設置が可能です。

 

 

まとめ

いかがでしたか?Silke Bonde(シルケボンデ)の作品は、この世界にある自然を彼女自身の感覚で見て、感じたものを1枚の紙の中で表現しています。水彩画の透明感ある優しい印象のアート作品がお好きな方、インテリアもナチュラルな雰囲気がお好きな方にはとても取り入れやすい作品ではないかなと思います。Silke Bonde(シルケボンデ)のアート作品をぜひご自宅に飾ってみませんか?

 

今回紹介した商品のご購入はこちら

 

 

こちらの記事も良かったらご覧くださいませ。↓

北欧の暮らしに学ぶ「絵を飾ること」はおしゃれで心地良い空間の秘訣

 

 


この記事を書いた人

meo

1児の母になり2018年の春から復帰をしました。以前はCONNECTの店頭で接客を担当、復帰してからはwebを担当しています。お料理をすることが好きで、レシピ本は1日中眺めていられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップCONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちらメルマガ登録はこちら