Yチェア購入の前に知っておきたいこと 椅子の座面の高さについて

Yチェア ワイチェア CH24

こんにちは。椅子は座り心地を重視する高木です。
北欧家具を販売しているCONNECTでは、座り心地の良く、長く使うことができる椅子を多数取り扱っています。
中でもCarl Hansen & Son(カールハンセンアンドサン)社のYチェア(CH24とも呼ばれています)は、見た目の美しさと座り心地の良さから、北欧家具を代表する名作椅子と呼ばれています。

Yチェアは、ビーチ材やオーク材など木の素材や仕上げを選べるだけでなく、椅子の高さを選ぶことができます。
今回は、Yチェア購入前に知っておきたい、椅子の座面の高さについてご紹介します。

 

 

椅子の座り心地を左右する座面の高さとは

 

Yチェア ワイチェア 座面 高さ 43㎝

背の高さや体型が一人ひとり違うことで、人によって座り心地が良いと感じる椅子は違います。座り心地は、椅子のデザインだけでなく、座面の高さも関係します。床から椅子の座面までの高さをシートハイ(SH)といいます。ここからは、SHが異なるYチェアを比較してみましょう。

 

 

Yチェアの座面の高さについて

 

Yチェア ワイチェア 43㎝

2018年現在、国内で販売しているYチェアは、SH43㎝(写真左)とSH45㎝(写真右)の2種類に分けられます。

Yチェアをデザインしたウェグナー自身がデンマーク人の平均的な小柄な体型であったことから、1949年、最初にデザインされたYチェアの座面の高さは43㎝でした。
その後、世界的に人の体型が大きくなったことや、多くの国で愛用されるようになったため Yチェアの座面高さは、45cmへ変更されました。

日本国内では、2016年2月まで、日本人の小柄な体型に合わせ、国内で販売されているYチェアの座面の高さは43㎝でした。しかし、2016年3月、製品サイズの世界共通化に伴い、座面高(SH)が2cm高いEU規格サイズ仕様に変更になりました。ご年配の方やEU規格サイズ変更前にYチェアをご購入のお客様には、座ったときに床に足がつかないことや、座面が高く、座りにくく感じてしまうことがありました。

CONNECTでは、長く使うものだから、座り心地を重視し、ご年配の方や、座面の高さ43㎝のYチェアをお持ちで買い足しをご検討中のお客様には、43㎝のYチェアをおすすめしております。

 

 

期間限定お得なYチェアキャンペーンのお知らせ

カールハンセン キャンペーン

CONNECT実店舗では、ミニベア・ソファ巡回展を開催します。
巡回展期間中は、カールハンセン&サン社の全商品が10%OFFとなります。

ご新築、家具の買い替えをご検討中のお客様、くわしいキャンペーンの詳細をCONNECTホームページでご案内しております。下記の「キャンペーン詳細」をご覧ください。

2018年10月26日まで

キャンペーン詳細はこちら

 

 


この記事を書いた人

高木 琴

CONNECT店長 高木琴です。 三人の男の子の子育てをしながら仕事に燃えています。 長く愛着をもって使える北欧インテリアと過ごすシンプルで心地いい暮らしをお伝えしていきたいと思っています。 どうぞよろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップCONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちらメルマガ登録はこちら