「KADKリノベーションプロジェクト」クラウドファンディングはじめました

こんにちは。デンマークから来た建築家の学生と一緒に過ごし、単語とジェスチャーでのりきっている店長の高木です。英語が話せたらもっとコミュニケーションがとれるのにと、学生に戻った気分で勉強中です。

 

 

デンマーク 建築科の学生

デンマークより建築学科の学生が来てから、早1カ月となりました。
この間、KADKプロジェクトを支援してくれる様々な方から、応援の言葉や激励をいただきました。
「ワクワクするプロジェクト」「地域を活性化のための素晴らしい取り組み」という期待も寄せて頂いています。
そんななか、私たちは新たにクラウドファンディングに挑戦することを決めました。

 

 

クラウドファンディングとは?

クラウドファンディングとは、様々な取り組みやアイデアをウェブ上で発表し、その取り組みに共感した全国各地の人々から広く支援金を募るサービスです。

CONNECTがある香川県では、高松の栗林公園のニシキゴイのためのプロジェクトが成功をおさめ、新聞などにも取り上げられました。
また、映画『この世界の片隅で』も、その制作費をクラウドファンディングで集め、話題となりました。
とても素晴らしい作品が日本中の映画館で見られるようになったのも、クラウドファンディングのおかげといえます。

 

 

 

「KADKリノベーションプロジェクト」がクラウドファンディングを始めた理由

 

空き家問題 活用方法

理由1:空き家活用ための活動を、みんなに知ってほしい

「KADKプロジェクト」がクラウドファンディングを始めた理由。
それは、この活動をみんなに知ってほしいからです。

核家族化や都会で暮らす人が増え、地方では、住む人がいなくなった空き家が問題となっています。
崩壊の恐れがある空き家も多く、自分たちが育った町、住んでいる場所が荒れていく現状。
空き家を活用する方法が見つかれば、空き家問題が解消されるきっかけになるのではと考えています。

だけど、地方の小さな会社であるCONNECTの発信力には限界があります。
このプロジェクトが取り組む問題は、丸亀だけでなく、日本全体の問題でもあります。まず丸亀市の方、それから香川県の方、そして日本全国の人に知ってもらいたいと考えています。

 

 

理由2:プロジェクトの可能性を広げたい

 

デンマーク 建築科の学生

デンマークの学生と共同で進めることで、日本の「空き家活用」の新たな方法を提案できないか。そんな模索とチャレンジとして、このプロジェクトは始まっています。

最終的にどんな形になるのか。それは最後の日になってみないとわからない部分もあります。でも、私たちは、学生のアイデアやインスピレーションをできるだけ反映させたいと考えています。
ただ、自分たちだけでは、どうしても予算に限りがあります。学生たちの可能性にできるだけ応えるために、応援してくれる方を募集しています。

 

私たちの考えや思いは、こちらのサイトで詳しく紹介しています。

↓↓↓
faavo 「デンマーク建築デザイナーの卵が手掛ける北欧流リノベーションを実現したい!」

 

募集期間:11/20まで
(ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください)

クラウドファンディングのページから「シェア」することもできます。
応援してくださる方、寄付は難しいけれど何かしたいと考えてくださっている方、「シェア」をして多くの方にお知らせしていただくのも、ひとつの応援の形です。どうぞよろしくお願いします。

 

————————————————————————————

【 KADK Renovation Project 】 INDEX

KADK Renovation Project #1
KADK Renovation Project #2
KADK Renovation Project #3
KADK Renovation Project #4

————————————————————————————

 


この記事を書いた人

高木 琴

CONNECT店長 高木琴です。 三人の男の子の子育てをしながら仕事に燃えています。 長く愛着をもって使える家具や雑貨のある、シンプルで心地いい暮らしをお伝えしていきたいと思っています。 どうぞよろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップCONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちらメルマガ登録はこちら