「お腹一杯」が心地よいイス ~Yチェアのあるダイニング

こんにちは、お腹いっぱいになって横になるのが、一番心地よい姿勢だと思うスタッフイトウです。

私たちは“お腹いっぱいになると”、眠たくなるようにできています。
それは、消化にエネルギーを使うので、脳へのエネルギーはそっちのけになるためです。
この脳が休んでいる状態が1種の“リラックス状態”にあたるのです。

腹八分で済ませる朝ごはんや昼ごはんに比べ、夕飯はお腹いっぱい食べることが多いですよね。
つまり、“お腹いっぱい”は昼の頑張るモードから、夜のリラックスモードに切り替えてくれるスイッチでもあります。

リラックスモードに切り替わる夜のダイニング。
そこで、ダイニングのイスが重要になってくるのです。

イスは“作業に向いたイス”と“くつろぐことに向いたイス”の2つに分けることができます。
Yチェアはくつろぐことに向いたイスです。

Yチェアは、ダイニングにぴったりのイスなのです。
今回はYチェアがくつろぐことに向いている、3つの理由をご紹介します。

Yチェア

 

 

■くつろぐ姿勢に向いている、3つの理由

 

1 後ろに傾いた背もたれ→重たくなった身体を支えてくれる

夕食でお腹いっぱいになると、イスに座っているのが少ししんどくなりませんか?

その理由は、おなか一杯になった身体は、多少ですが重たくなって、いつもより身体を支える筋力が必要になってくるからです。
お腹いっぱいの身体を楽にする方法は、後ろに傾いた姿勢になること。この姿勢は、腹筋などを使わない楽な姿勢なのです。

↓Yチェアは背板の傾きにより、後ろに傾いた姿勢をとることができます。

Yチェア

背板は背中に沿うように削られているので、背中にあたっても痛くありません。

Yチェア

そして、背板がYの形になっているので、背骨に背板が当たらず痛くない!と言う意見も。

Yチェア

2 アームが付いている →両腕の重さを減らしてくれる

普段の生活で、長時間座るイスを思い返してみてください。映画館や新幹線のイス……どちらもアームが付いていることに気がつきます。
なんと、人間の両腕の重さは体重の約10/1。
両腕を肘掛けに乗せるだけで、肩にかかる重さを減らすことができるのです。

つまり、アームがあるイスは身体にかかる重さ(しんどさ)を減らすことができるので、長時間座っていることができるのです。

 

 

3 アームの長さが短い→自由な姿勢で座れる

 

ダイニングを家族で囲んで話をしていると、しゃべっている人に向かい合うために、斜めに向きたいこともあります。
しかし、くつろげるアームチェアはその姿勢が難しいのです。
↓例えば、ヒロシマアームチェアの場合。アームの部分が邪魔になるため、横に向くことができません。

ヒロシマアームチェア

↓Yチェアの場合。アームの長さが短めになっているため、左右がふさがれず、横向きにも座ることができるのです。

Yチェア

Yチェア

さらに、アームの高さが高めに作られているため、
横向きになった時にアームが、背もたれ代わりにもなってくれます!

つまり、Yチェアは、寛ぎながら、ゆったりおしゃべりを楽しめるイスなのです。

Yチェア

 

 

 

■まとめ

夜のリラックスの時間を、心地よく過ごせるYチェア。
その秘密は、以下の3点です。

①後ろに傾いた背もたれ→重くなった身体を支えられる
②アームが付いている→両腕の重さを減らせる
③アームの長さが短い→自由な向きに座れる

Yチェアをダイニングに取り入れることで、夜のリラックス時間を心地よく過ごしてみてはいかがでしょうか?

 

 

今回紹介した商品のご購入はこちら

 

 


この記事を書いた人

イトウ

毎日風を切って自転車通勤しております。 見て好きになって、 使ってもっと好きになってしまう北欧のデザインに興味津々です@@

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップCONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちらメルマガ登録はこちら