幻のチェアが50年の時を経て蘇る。

SASロイヤルホテルのためだけにデザインされた幻のチェアが50年の時を経て蘇る。

read-drop140901

ドロップチェアは、1958年、エッグチェアやスワンチェアと同様、
巨匠アルネ・ヤコブセンによってデンマークのSASロイヤルホテルのためにデザインされたチェアのひとつです。

当時、ウィンターガーデン奥のスナックバーと客室の女性が使うドレッサーチェア用として
デザインされ、限られた脚数のみ製造されました。
今までは、275室の客室の中で唯一改装をしていない、
建築当時のままの606号室・ヤコブセンスイートでしか見ることができませんでした。

『家具の世界でアイコン的存在になった歴史的作品の数々を大切にしていきたい』
という想い。その想いから、2014年、50年以上の時を経て、初めて復刻されました。
以前から製品化を希望する声の多かったドロップチェアは、
ファンにとって待望の復刻です!

read-drop140901_01

当時のオリジナルデザインを元に、現在の最新技術を駆使して誕生したドロップチェア
素材は、ABSプラスチック。プラスチックシェルは中空のためとても軽量です。
シェルからのびる脚は、クローム仕上げと本体と同色の粉体塗装仕上げのもの、
2種類から選ぶことができます。

女性用のドレッサーチェアとしてデザインされたこともあり、コンパクトなサイズ感と
女性の体を優しく包こむ柔らかなフォルムが特徴です。
しずく型の美しいフォルムは、現代のインテリアともマッチし、
際立つ存在感を放ちますね。

read-drop140901_02

プラスチックカラーは、ブラック、ホワイト、ストームブルー、ストーングレー、
ファイヤーレッド、サンドイエローの6色。

フルパディングも可能なので、好きなファブリックやレザーを張り、
自分だけのオリジナルドロップチェアをオーダーすることも可能です。
パディングすることで、クッション性もアップし座り心地も快適に。
パディングしない場合も、オプションでシートクッションをオーダーすることもできます。

SASロイヤルホテルの様に、ドレッサーチェアとして使用するのもよし、
書斎やコーナーに置くのもいいですね。
セブンチェアなどと比べて横幅がコンパクトなので、スペースが限られた
ダイニングチェアとしてもおすすめです。
フリッツ・ハンセンの中でも価格がお手頃なので、揃えやすいのも魅力のひとつです。

Fritz Hansen(フリッツ ハンセン) / DROP(ドロップチェア) 

スタッフ:マルオカ


この記事を書いた人

maruoka

CONNECTに入社して10年目。美味しいものを食べている時が一番の幸せ。好物は、カレーです。最近新しい趣味を模索中。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップCONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちらメルマガ登録はこちら