フリッツ ハンセン社 セブンチェアの魅力

こんにちは。イスは、セブンチェアが大好きなCONNECT店長高木です。
CONNECTではたくさんのイスを扱っていますが、デザイン、座り心地、使い心地(長く愛用できるか、掃除・手入れのしやすさなど)の、どれをとっても素晴らしいイスがフリッツ ハンセンのセブンチェアです。

今回は、セブンチェアの魅力とも言える座り心地と、お部屋のイメージに合ったセブンチェアを選んでいただくため、実際にセブンチェアを合わせたお部屋をご紹介します。

 

 

気になるセブンチェアの座り心地

インテリア雑誌に取り上げられることも多いセブンチェアですが、「見たことはあるけど、座ったことはない」という方が意外にも多いです。
実際に、お客さまに座った感想を聞くと「木のイスなのに、やわらかく感じて座り心地がいい。背もたれが当たっても痛くない。」というお声をいただきます。

 

 

3-3

それは、座面や背もたれが、ゆるやかにカーブしており、体のラインにフィットするようにデザインされているからだと思います。
このカーブのおかげで、おしりや背中をすっぽりと包みこんでくれるような座り心地です。

 

 

3-4

座面や背もたれのカーブだけでなく、もうひとつ座り心地が良いと感じるセブンチェアの特徴があります。
それは、木とは思えない背もたれの「しなり具合」です。
背もたれにもたれかかったときに、ぐうっと背もたれがしなるように作られているため、楽な姿勢で座ることができ、長時間座っても疲れにくくなっています。

 

 

仕上げの違い

セブンチェアは、バリエーションが豊富で、色や木目の塗装仕上げの違いによって表情が変わります。
本当に欲しいセブンチェアを選んでいただくために、それぞれの塗装仕上げの違いについて紹介します。

・樹本来の色を表現したナチュラルウッド

2202_Series7
Photo Copyright:Fritz Hansen

天然の木目を活かしたものが「ナチュラルウッド」です。
淡くナチュラルなメープル、アッシュ、明るいビーチ、赤みのあるチェリー、オレゴンパイン、大きな木目が個性的なオークやエルム、濃い色の代表格ウォルナット、ダークステインドオークと、仕上げ材にさまざまな樹を使うことで、異なる表情の木目や色味を楽しむことができます。

 

 

・カラフルな色で仕上げた「カラードアッシュ」と「ラッカー」6-5
Photo Copyright:Fritz Hansen

現在12色が発売されている「カラードアッシュ」と「ラッカー」は、うっすらと木目が見える「カラードアッシュ」と木目が見えない「ラッカー」と、同じ色でも、仕上げの違いによって、雰囲気が異なります。

 

 

・カラードアッシュ

6-4

Photo Copyright:Fritz Hansen

「カラードアッシュ」は、うっすらと木目が見える仕上げで、やわらかな印象です。
おうちの中は、床や家具など木を使ったものが多いため、他の家具との相性も良く、モダンになりすぎず、ナチュラルな雰囲気のお部屋になります。

 

 

・ラッカー

6-6
Photo Copyright:Fritz Hansen

「ラッカー」は、しっかりと色を塗りを重ねていて、表面に木目が見えず、つややかで高級感のある仕上がりになっています。
モダンな雰囲気にしたい場合は、「ラッカー」仕上げのセブンチェアがおすすめです。

 

 

お部屋に置いたときの雰囲気から考えよう

仕上げの違い、豊富なカラー展開で、多くの種類があるセブンチェア。たくさんの中から選べるのが嬉しい反面、自分の家におくとなると、どのセブンチェアを選べばいいか迷ってしまいますよね。
お部屋に置いたときのことがイメージしやすいよう、実際にセブンチェアを置いた、雰囲気の違う写真を紹介します。

 

 

7-15

シンプルだけど、どこかぬくもりを感じるお部屋に合わせたのは、カラードアッシュ ホワイト。
4脚同じ色で揃えると、すっきりとした統一感のあるお部屋になります。

 

 

 

7-18

モダンな雰囲気に合わせたセブンチェアは、カラードアッシュ ナイングレー。
ホワイトではなく、ナイングレーのセブンチェアを合わせたことにより、床との濃淡が抑えられ、すこしやわらかな印象になりました。

 

 

 

2-1

「ブルーが好きで、好きなモノに囲まれた自分たちらしいお部屋にしたいけど、ごちゃごちゃした雰囲気になるのはいや。」
そうして選んだセブンチェアは、ナイングレーとトリエステルブルーという落ち着いた色合いのブルー。
照明や他のインテリアを、グレー、ブルー、ホワイトと統一して色を控えることで、すっきりとしたお部屋になると思います。

 

 

 

7-7

モダンだけど居心地の良いあたたかな雰囲気には、ナチュラルウッドのセブンチェアがおすすめです。
こちらのおうちのセブンチェアは、オークです。
中間色のオークは、床やダイニングテーブル、他の家具とも合わせやすいため、どんなインテリアにも調和してくれます。

 

 

まとめ

いかがでしたか? お部屋のイメージに合わせて選ぶことができるセブンチェア。
お部屋をすっきりと見せることができ、他の家具とも合わせやすく、飽きにくいため長く使えるセブンチェアは、ダイニングチェアや
デスクチェアとしておすすめです。

今回のブログだけでは語りつくせない魅力があるセブンチェア。
セブンチェアのことをもっとくわしく知りたい方は、CONNECTホームページをご覧ください。
今回ご紹介できなかった納品事例や座り心地以外の良いところ、本物のセブンチェアのすばらしさについて紹介しております。

今回紹介した商品のご購入はこちら

 


この記事を書いた人

高木 琴

CONNECT店長 高木琴です。 三人の男の子の子育てをしながら仕事に燃えています。 長く愛着をもって使える家具や雑貨のある、シンプルで心地いい暮らしをお伝えしていきたいと思っています。 どうぞよろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップCONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちらメルマガ登録はこちら