②CONNECTスタッフおすすめ!フリッツ ハンセンの名作チェア7選

 

こんにちは。スタッフのイズミです。

創業から100年を超えるデンマークの老舗家具メーカー、フリッツ ハンセン。

現在では、歴史的な名作チェアとともに、
テーブル、ソファなど色々な家具を生産しています。

ダイニング用にデザインされたものや、ゆったりくつろぐイージーチェアやソファ。
でも、実際にどんなものを選べばいいか、迷ってしまいますよね。

今回は、フリッツ ハンセンで作られているさまざまな椅子のなかで、
CONNECTのおすすめを中心にご紹介したいと思います。

 

美しいフォルムと機能性 アントチェア 

 

ant1
Photo Copyright:Fritz Hansen

 

アントチェアの魅力は、なんといってもそのフォルムの美しさ。

背もたれの広さを確保しつつ、極限まで細くしたくびれ。
後ろから見た美しさも別格です。

この独特なフォルムがアリ(アント)に見えたことから、
その名前が付いたと言われています。

実はこの「くびれ」は、はじめから狙っていたものではないのだとか。

 

ant2
Photo Copyright:Fritz Hansen

 

このチェアが開発された当初、成形合板を曲げる技術は最新でありながら、
まだまだ発展途上。

合板の折り曲げ時にクラック(ひび)が入らないよう苦心した結果、
あの特徴的な「くびれ」にたどり着いたそうです。

もともと食堂用にデザインされたチェアなので、軽くて丈夫。
スタッキング(積み重ね)できて機能性が高いため収納にも困りません。

Fritz Hansen(フリッツ ハンセン) /アントチェア

 

 

 

永遠の定番 セブンチェア

 

seven1
Photo Copyright:Fritz Hansen

 

前回の記事「北欧家具の名作セブンチェアを生み出した『フリッツ ハンセン』社とは」
でもご紹介したとおり、
アントチェアの進化形として生まれたのがセブンチェアです。

アントチェアの改良型であるセブンチェアは、
より立体的な構造になっています。
型番のナンバーから「セブンチェア」と呼ばれるようになりました。

 

seven2
Photo Copyright:Fritz Hansen

 

背中にあたる部分はもたれかかっても痛くないように角がなく、
背の部分は、体のラインにそって自然にしなるようにできています。

また、座面の部分はおしりをすっぽりと包み込むよう丸みを帯びていて、
安心感があります。

セブンチェアについては、第4回の記事でさらに詳しくお伝えする予定で、
お楽しみに。

Fritz Hansen(フリッツ ハンセン) /セブンチェア

 

 

幻の名品 ドロップチェア

 

dr
Photo Copyright:Fritz Hansen

dr3
Photo Copyright:Fritz Hansen

 

しずく型のフォルムに、思わず「可愛い!」と思ってしまうドロップチェア。
モダンでポップ、近未来的なイメージがする、面白いチェアだな、と思います。

1959年に「SASロイヤルホテル」の為だけにデザイン・製造されたので、
一般には販売されたことのない幻のチェアでした。

ですが、2014年にはじめて一般市場に発売。
私たちも手にすることが出来るようになりました。

当時のオリジナルデザインを元に、ABSプラスチックを使うことにより、
より軽量で使い勝手の良いチェアになっています。

CONNECTでは、既存のラインナップに加えて、
好きなファブリックやレザーを張り、自分だけのオリジナルドロップチェアを
オーダーすることも可能です。

Fritz Hansen(フリッツ ハンセン) / DROP(ドロップチェア)

 

 

魅惑のウッドレッグ グランプリチェア

 

gr1
Photo Copyright:Fritz Hansen

 

Y字形の木製の座面に、削りを入れた独特のウッドレッグが魅力のグランプリチェア。

長い間ヴィンテージ市場でしか手に入りませんでしたが、2014年に待望の復刻。

 

gr3

 

当時のウッドレッグタイプに加えて、セブンチェアと同じような金属の脚のタイプや、
様々なカラーのタイプを選んでいただけるようになりました。

他の人とは違う、自慢できるチェアをお探しの方には、グランプリチェアがオススメです。

Fritz Hansen(フリッツ ハンセン) / GRAND PRIX(グランプリチェア)

 

 

さまざまなシーンに使える ナップチェア

 

nap
Photo Copyright:Fritz Hansen

nap_2
Photo Copyright:Fritz Hansen

 

あらゆるシチュエーションに対応できる現代のチェアを目指して、
デザイナーのキャスパー・サルトのデザインを形にしたのがNAP (ナップチェア)です。

見た目はシンプルですが、そこはフリッツ ハンセンが提供するチェア。
身体のラインにそった曲線的な座面と、背もたれの適度なしなりのおかげで、
心地よく座ることができます。

さらに、表面の仕上げをマットにして凸凹をつけることで、
座っても滑りにくくなっています。

Fritz Hansen(フリッツ ハンセン) / NAP(ナップチェア)

 

 

最高級の安らぎ エッグチェア

 

egg
Photo Copyright:Fritz Hansen

 

包まれるようなフォルムは、外の世界を遮断して、自分だけの空間を作ってくれます。
贅沢な造りでありながら、リクライニングできたり、360度くるりと回転したりと、
機能性も抜群です。

軽やかな足回りなので、大きさの割に圧迫感が少なく、
比較的狭い場所でも場所をとりません。

CONNECTでは、これまでデンマークの職人さんを招いて
エッグチェアのイベントを行ったり、
ブログやニューズレターでその魅力をお伝えしたりしてきました。

これだけエッグチェアについての発信を行っている理由は、
エッグチェアの代わりになるようなチェアはそうそう無いと考えているからです。

きっと、これからも多くの人にとって憧れのチェアであり続けるのだろうと思います。

 

 

egg2
Photo Copyright:Fritz Hansen

 

1958年にフリッツ ハンセンと、デザイナーのアルネ・ヤコブセンが生んだ
究極のラウンジチェア、エッグチェア。

デザインの素晴らしさ、抜群の座り心地、
熟練の職人により一点一点仕上げられていること。

このような要素から50年以上たった今でも、
色褪せるどころか、ますます輝きを増しているチェアと言えるかもしれません。

Fritz Hansen(フリッツ ハンセン) / EGG(エッグチェア)

 

 

白鳥の形 スワンチェア

 

swan2
Photo Copyright:Fritz Hansen

swan1
Photo Copyright:Fritz Hansen

 

エッグチェアだとやはり大きさが気になる・・・という方には、
こちらのスワンチェアもおすすめ。

ドロップチェア・エッグチェアと同じく、
「SASロイヤルホテル」の為にアルネ・ヤコブセンがデザインしました。

実は、このスワンチェアの原型ができたのは、
ちょうどセブンチェアが作られたのと同時期だったのだとか。
けれど、当時の技術ではヤコブセンのイメージを実現することができず、
数年後に開発された最新技術によって、やっと製造が可能になったのだそうです。

座り心地がいいのに軽やかなのは、やはりこの「白鳥」の形が関係しているのでしょうか。
金属の脚がすっきりと見せてくれる、というのもあると思います。

エッグチェアと同様、360度座面が回転する仕様なので、
座りやすく、立ちやすいのもポイントです。

Fritz Hansen(フリッツ ハンセン) / SWAN(スワンチェア)

 

 

新しいソファの形 アルファベットソファ

 

al
Photo Copyright:Fritz Hansen

al2
Photo Copyright:Fritz Hansen

 

CONNECTがおすすめし続けているアルファベットソファ。
自分好みの組み合わせで無限のバリエーションが楽しめる、他にはないソファです。

ひとりで広々と使うもよし、数人で並んで座るもよし。
座面が広いので、のんびりくつろぐのにぴったりです。

好きな生地を選んでカスタマイズしていただけるので、みなさん悩まれますが、
CONNECTでは、インテリアやお部屋の雰囲気に合わせて
コーディネートのアドバイスもさせて頂いています。
お気軽にご相談ください。

Fritz Hansen(フリッツ ハンセン) / ALPHABET SOFA (アルファベット ソファ)

 

 

まとめ

 

今回は、フリッツ ハンセンで作られているさまざまなチェアをご紹介しました。

次回記事は、我らがCONNECT店長、琴さんにバトンタッチします。

引き続き、お楽しみください。

 

 

Fritz Hansen(フリッツ・ハンセン)の商品一覧をみる

 

 

————————————————————————————

【Fritz Hansen(フリッツ・ハンセン)】 INDEX

1.北欧家具の名作セブンチェアを生み出した「フリッツハンセン」社とは 
2.CONNECTスタッフおすすめ!フリッツ ハンセンの名作チェア7選 
3.ゆったりとくつろげるフリッツ ハンセン社のアルファベットソファ
4.フリッツ ハンセン社 セブンチェアの魅力 

————————————————————————————

 


この記事を書いた人

izumi

関東生まれのweb担当。3匹の猫と暮らしています。 デザインだけでなく、素材や製法にもこだわった北欧のアイテムたち。その良さを皆さまにお伝えできたらと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップCONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちらメルマガ登録はこちら