オススメの照明 ルイスポールセンPH5のご購入検討中のお客様へ

154A9336

 

こんにちは。北欧のインテリアが好きなCONNECT店長の高木です。
北欧の雑誌を好きで見ていると、必ず登場するルイスポールセンのPH5

この照明は本当にすばらしい照明です。

形だけの照明じゃなく、夕刻のおだやかな灯りを再現している点です。
この照明が、ただのデザインだけの照明なら、
50年以上も愛されるものにはならなかったかもしれません。
もちろん、今も昔も古さを感じさせない素晴らしいデザインですが、
それだけじゃなく、テーブルにおちるあたたかくやわらかな光りは、
家族で過ごす食事の時間を、特別なものにしてくれます。

 

 

 

154A9292

この照明をダイニングテーブルに吊るなら、テーブルの大きさ、
他の照明とのバランスにもよりますが、
テーブルから60cmか65cmくらいにくるように吊っていただきたいですね。

最初は低く感じるかもしれませんが、手元にきちんと灯りが届き、
リビングダイニング全体を見たときにも、目線の位置に照明が見えるため、
お部屋に吊ったときのバランスも良く、照明が美しく見えます。

 

 

ここからは、実際にPH5を納品させていただいたお客様のおうちをご紹介します。

 

120320 Maeda(M_nairan)_01

この写真は夜の様子です。
他の照明はつけておらず、PH5の照明しかつけておりません。
柔らかくあたたかな光によって、なんだか心が安らぎます。

 

テーブルから60cmくらいの高さに吊っていただくと、
十分手元に灯りが届きます。
また、幅1600㎜のテーブルなら、テーブルの端まで灯りが届きます。

 

 

 

130201 Miyoshi_03

薄い木の色のダイニングテーブルと合わせても素敵です。
ナチュラルな雰囲気や白を基調としたインテリアに、
ルイスポールセンのPH5は合いますね。
美しい空間で過ごすと、穏やかな毎日が過ごせそうです。

 

 

 

120320 Maeda(M_nairan)_05

シンプルで無駄のないデザインのPH5は、モダンな雰囲気にもよく合います。
すっきりとした空間が、PH5の照明をつけることにより、やわらかな印象になります。

 

 

まとめ

あたたかな灯りが食卓を照らしてくれるPH5は、
ダイニングにおすすめの照明です。
見ているだけで癒されるやさしい灯りは、家族で過ごす食事の時間を特別な時間にしてくれます。
穏やかで心地いい毎日を過ごすことができますので、ぜひ、暮らしににとりいれてみてください。

louis poulsen ( ルイス ポールセン ) PH5 の詳細を見る

 


この記事を書いた人

高木 琴

CONNECT店長 高木琴です。 三人の男の子の子育てをしながら仕事に燃えています。 長く愛着をもって使える家具や雑貨のある、シンプルで心地いい暮らしをお伝えしていきたいと思っています。 どうぞよろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップCONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちらメルマガ登録はこちら