“たそがれ時の空の光”を完全再現!?北欧照明の美しい光

 

こんにちは、自転車通勤の帰り道の景色に癒される、スタッフのイトウです。
丸亀の夕焼けの景色は日本昔話のような、かわいい小お山がぽこっと浮かび上がってとてもきれいなのです。

“黄昏(たそがれ)時の空の光”誰もが、眺めるだけで、ホッと癒された経験のある光なのではないでしょうか?

・黄昏(たそがれ)時とは、一日のうち日没直後、雲のない西の空に夕焼けの「赤さ」が残る、時間帯のことです。

こんな心地よい光の下で、
夕ご飯を食べたり、
家族とおしゃべりをしたり、
読書をしたり……

そんなことが、お部屋でもできればいいと思いませんか?

“黄昏時の空の光”をお部屋で楽しめる、北欧デンマークで生まれた、
PH5クラシックというペンダント照明があります。

PH5クラシックに光を灯すと、そのシェードに
なんと、“黄昏時の空の光”が映りこむように見えるのです!

そう見える理由は、PH5クラシック“黄昏時の空の光”には、3つの共通点があるからです。

 

 

沈んだ夕日がつくる山影

PH5クラシックは、山影に沈んでいった夕日のように、電球がどこからも見えません。
器具の中央に電球が、すっぽり隠されてしまっているからです。

ギラギラした太陽の光が山影に沈むと、一気に目の緊張がゆるみますよね。
“眩しくない”光が目に心地よいのです。

中央の大きなシェードは、黄昏時の空に浮かび上がる、山影のようにも見えます。
光だけでなく影も視界に入ってくると、ホッとさせられることに気がつきます。

名称未設定 2

 

 

 

夕日の赤色と空の青色

“黄昏時の空の光”は無条件に心が落ち着くような、不思議な色味ですよね。
このような光の色をつくるために、PH5クラシックはシェードの色が工夫されています。

↓写真は、電球が入るシェードの内側の部分。
夕日をイメージできる赤色に塗られています。

4

次に、外側部分の中央にある反射板は、空の色をイメージできる青色に塗られています。

3

 

 

なぜ、わざわざ、この2色に塗られているのか、この写真を見ていただくと分かります。
↓PH5クラシックのデザイナーのポール ヘニングセンが、白熱球のスペクトルをスケッチしたものです。

色-2
出展: 「Light Years Ahead」 ルイスポールセン刊

コレだけ見ると、なんだこれ?と思いますが、簡単なので、一緒に見てみましょう。

まず、黄色と緑の部分は、人の目が強く刺激を受け取る光、だと覚えてください。
次に、上から順に、青、赤、むらさき、と光に色を足す実験をしています。
黄色と緑の部分が一番少なくなっているのが、青と赤を混ぜた、むらさき色のときでした。
さらに、むらさき色を加えたときは、目への刺激が弱い赤と青の光が高まっています。

夕日の赤色と空の青が混じる、むらさきがかった黄昏時の空の色。
その色に目の安らぎを感じるのには、これが関係しているのかもしれません。

 

 

 

黄昏時の空のグラデーション

黄昏時の空に見入ってしまう理由は、夕日の赤から空の青へとなめらかに変化する、空のグラデーションの美しさです。

PH5クラシックも、美しい光のグラデーションが特徴です。
この光の秘密は、巻貝のカーブと同じ“対数螺旋(たいすうらせん)”と言う数学的な形が照明の傘(シェード)に応用されているから。
このカーブを照明に応用したことは、ポールヘニングセンの天才的なひらめきともいわれています。

対数螺旋のカーブは、↓下図のように、光がどの角度から当たっても同じ角度で反射します。このしくみにより、なめらかな光のグラデーションをつくることができるのです。

P122対数螺旋-3
出展: 「Light Years Ahead」 ルイスポールセン刊

 

 

 

 

まとめ

“黄昏時の空の光”とPH5クラシックの光の3つの共通点は、・沈んだ夕日が作る山陰・空の青色と夕日の赤色・空のグラデーションでした。
この3点により、PH5クラシックの光は“黄昏時の空の光”のようにみえるのです。

PH5クラシックで、お部屋の中なのに“黄昏時の空の光”のある、心地よい夜の時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

1のコピー

 

 

目には優しく、机の上はしっかり明るく照らしてくれるペンダントライト。
Louis Poulsen (ルイスポールセン) PH5クラシックの詳細をみる

 

 

———————————————————————————————

【関連記事】 照明

・マンションでも簡単、テーブルランプ1灯で、夜の時間が変わる!?
・ご飯がより美味しそう見える!ダイニング照明ペンダントの高さ、お教えします

・寝室の照明、明るすぎになっていませんかー?
・ルイスポールセン「PH5シリーズ」徹底比較!

———————————————————————————————

 

 

 


この記事を書いた人

イトウ

毎日風を切って自転車通勤しております。 見て好きになって、 使ってもっと好きになってしまう北欧のデザインに興味津々です@@

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップCONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちらメルマガ登録はこちら