プロが教える。明日の朝から美味しいコーヒーを淹れる、シンプルな方法!

 

こんにちは、スタッフのイトウです。

先日の
ハンドドリップチャンピオン高橋さんの
コーヒー講座。
ドリッパーの形、
フィルターの色、
安い豆と高い豆それぞれの扱い方などなど…
奥深すぎるコーヒーの世界。。

でも、コーヒーってもっとシンプルで面白い。
ってことも、教わりました。

1番大切なのは
お湯を注ぐケトルと

気持ちを込めて淹れること 笑(これ本当)
その2つだけ!

明日から美味しいコーヒーを淹れる方法お教えします。

 

 

7

「誰かのために、
美味しくなぁれっ。と淹れるコーヒーって、
不思議だけど、本当においしくなるんです!」と高橋さん

 

 

 

4

「ま、それだけ集中しているということなんですけどね。」と最後に。

そう、ポイントは「美味しくなぁれ!」
一番大切な工程なので、
心にとめておいてください。
4工程にまとめてみたので、

さっそく淹れてみましょう。

 

 

美味しいコーヒーの淹れ方

5

① 1人分 豆 12gお湯 180ml
ちゃんと測ることが大切です。
日によって薄い?濃い?となってしまうのは、豆の煎り具合などによって質量が変わるためです。
目盛りで測らずに重さで測りましょう。

 

 

 

6

②82~83℃のお湯を
中心から丁寧に掛けて、豆全体を湿らせます。そして20秒蒸らす! 

 

 

 

8

③次が、
美味しくなぁれポイントです。

真ん中から
写真のような
ほそーいお湯を
ちょーっとづつ。
ゆーっくり。
中心から円を描くように掛けます。

 

ここでケトルが登場!
kaicoのドリップケトルで優勝された高橋さんは、
「これがないと思うように入れることができないんです、
お湯の量が正確にコントロールできるんです!」
と力説されていました。
講座では、思わず見入ってしまうほど
スーっと細いお湯が、正確に円を描いていました。

お家のポットで1回試してみると
いきなりビシャッと出てきたり、
上手にできないのが分かっていただけるかと思います。

 

 

 

2

3

※フィルターにお湯をかけないように気を付けて、土手を作る。

そんな風に丁寧にやっていくと、泡がフワ~っと膨らみます。
上手にフワ~っと膨らんだ分だけおいしくなると高橋さん。
ドバっと一気にかけてしまうと、
膨らんでくれません。

 

④最後に出たコーヒーは上下で濃さが違うので、
しっかり上下をかき混ぜて、完成!

 

以上、
高橋さんが使った道具はこちら

 

kaico (カイコ) ドリップケトルの詳細をみる

KONO式ドリッパーの詳細をみる
↑フィルタが本体にくっつかないのでうまく、
抽出されたコーヒーが落ちてくれます。

 

ちょっとのコツで
美味しくなるので、明日の朝ぜひ試してみてください。

次回
1人用のドリップパックコーヒーを美味しく、簡単に入れる方法
を書いてみようと思います♪
お楽しみに。

 

 

———————————————————————————————

【関連記事】 コーヒー講座

・プロが教える。明日の朝から美味しいコーヒーを淹れる、シンプルな方法!
・プロが教える。1人用のドリップパックコーヒーを簡単に美味しく、入れる方法!

———————————————————————————————