新CONNECTにちりばめた、心地よいお部屋をつくる秘密  vol.3「壁をつくる、残す」

 

新CONNECTにちりばめたのは、
心地よいお部屋をつくる秘密。
心地よい空間にはちゃんと理由があるんです!
それって、
誰でも心地よい空間を作れるってことです。

そのタネはシャチョウから。
スタッフイトウが
書きます。

 

 

心地よい空間の秘密 その3
「壁をつくる、残す」

 

新CONNECTで面白いことを見つけました!
インテリアの雰囲気が、同じ場所でも
見る方向によって、
リバーシブルみたいに
コロッと変わっているところがあるんです!

 

 

ここです↓
■ダイニング側から見ると、

壁3

綺麗なブルーがアクセント、
柔らかく光るテーブルスタンドの安らぐ空間。
チェストの中にはかさばる書類が収まります。

 

 

□リビング側から見ると

壁2

多機能のビューローに、
赤色がアクセントのワークスペースに。

これ!面白いですよね

こうなる理由は、
「壁」
なんです。

そのまま壁のないほうが
広々開放的に見えるんじゃない?
というところを、
2枚の写真のように
あえて壁を残したのが
ポイントなんです!

なんで?
と思いますよね。
壁をぶち抜いて開放感のある空間に。
窓を壁いっぱいに大きくとって開放感のある空間に。
開放感ってなんだか良い響きに聞こえます。
でも、開放感の反対って閉鎖感。じゃなくて、
安堵感。でもあるんですよ!

壁で区切った空間は、
なんだかホッとする空間。に思えませんか?
その空間が
ヒュッゲなスペースになるんです!

生活しているとごちゃごちゃしたものって
絶対出てきます。
見せたくないものは新しくできたスペースに
上手に隠しちゃいましょうという魂胆です 笑

 

 


壁1

窓の端にちょっと壁があれば
こんな風に絵を飾ってみることも。
壁を残すことで
インテリアがもっともっと楽しくなるんです♪

 

 

心地よい空間の秘密 その3
「壁をつくる、残す」

でした。

 

 

———————————————————————————————

【新CONNECTにちりばめた、心地よいお部屋をつくる秘密】 INDEX

vol.1 ダイニングは3点セットで選ぶ
vol.2 空間をつくる色は3色まで
vol.3 壁をつくる、残す
vol.4 脚元がべたっと付いていない

———————————————————————————————

 

 


この記事を書いた人

イトウ

毎日風を切って自転車通勤しております。 見て好きになって、 使ってもっと好きになってしまう北欧のデザインに興味津々です@@

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップCONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちらメルマガ登録はこちら