キャストールソファがコンパクトなお部屋でも美しく収まる理由。

 

こんにちは、スタッフのイトウです!

カリモクニュースタンダード新作のキャストールソファ
お店にも座りに来てみた!という方が多くてうれしいです。。
おぉいいねぇ。というほっこり顔に、にんまりしております。
今日は
サイズも、使い心地も、価格も、ぜんぶ良い塩梅!キャストールソファ
の続きを書いてみます!

キャストールソファの1番の特徴はその後ろ姿
これがとっても綺麗なんです!

キャストールソファの基となっているのは
ル・コルビジェの伝統的な“グランコンフォートソファ”
検索してみられたら、見たことある!となるかもしれません
クッションがシンプルな細いフレームに、ギュッと収まっているソファです。
金属フレームというのが違いますが、
確かに、キャストールソファのつくりに重なります。
キャストールソファのつくりはこんな感じ↓

 

 

3 

前から見ただけではわかりませんでしたが、なんだかすっきり・・・

そのわけは、
背もたれからせり出ているアームの“カーブの部分”
アームのフレームがこんなにぐいっと丸くせり出ている形は、かなり目新しいです。
これが歴史ある家具メーカー、カリモクの職人技なんです!
丸くて細いフレームがすごく軽やかに見えます。

 

マンションなどでスペースが狭かったりすると
お部屋の真ん中にソファを置かなければいけないことも多いです。
ソファはどうしてもお部屋の広い面積を取るから、
真ん中にどーん!と陣取ったときに、
ソファの後ろ姿がお部屋の雰囲気を大きく左右するんです。。

スペースが限られてるお家に置くソファ、
コンパクトで“後ろ姿まで美しい”からこそ
ピタッとお部屋に収まってくれるんです!

そして、このソファのいいところまだあります!
それは、全面クッションがはめ込んであるだけっというところです。

 

 

2

こんな風に全部のクッションが簡単に取り外せて、
チャックのカバーリングのなのでいつでも洗濯できます。
これは、フレームさえあれば一生モノだということです♪

 

 

1

さいごに、
このソファ、シャチョウがよくできてるわ~と感心するように、
座り心地美しいデザインを実現するために、かなりこだわり尽くしたソファなんです。
そこでカリモクの職人技の腕の見せ所なのです!
次回は、パッと見ただけでは気付かなかった
その細かーいデザインのこだわりを書いてみようと思うので、お楽しみに~

それでは、ぜひ座りに来ていただいた際は、後ろ姿までチェックしてみてくださいませ~

 

 

KARIMOKU NEW STANDARD (カリモクニュースタンダード)
CASTOR SOFA (キャストールソファ) の詳細をみる

 

 

———————————————————————————————

【関連記事】 CASTOR SOFA  (キャストールソファ)

・CONNECT 2大おススメソファ比べてみました!
・サイズも、使い心地も、価格も、ぜんぶ良い塩梅!
・座りたくなるソファと、モノ置き化してしまうソファの違いって?
・クヴァドラのmina perhonenタンバリン生地のキャストールソファ♪
・北欧のイメージに合う!カリモクニュースタンダードの家具4選

———————————————————————————————

 

 

 


この記事を書いた人

イトウ

毎日風を切って自転車通勤しております。 見て好きになって、 使ってもっと好きになってしまう北欧のデザインに興味津々です@@

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップCONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちらメルマガ登録はこちら