自然の素材を活かした心地よい暮らし

素材がよかったら、その素材自体を
楽しむことができる。
そしてそれが一番、飽きがこないから
何度でも味わいたくなるんだと思う。

無垢の家具もやっぱり同じで、
いい素材に、厚化粧はいらない。

とんかつ屋さんで「塩だけで味わって
みてください」と言われたことがあるけれど、
このテーブルなら「木本来の肌触りを
ソープフィニッシュでお楽しみください!」
そんな感じでしょうか。

CONNECTが考えるナチュラルは
自然の素材を活かした、心地よい暮らし。
山の緑に誰もがホッとするように、自然の
木の気配は不思議な力を持っていますよね。
そんな息をしている木の気配をそのままに
感じることが出来る家具を北欧で見つけました。

blog-pp160223

クロスレッグテーブルと呼ばれるこの
テーブルは、PPモブラー社という木に対して、
深いこだわりと愛情を持った小さな
家具工房がつくっているのです。

blog-pp160223-01

PPモブラーの何がすごいかって普通、
工場で作っている家具は、いろんな
丸太から板になった木材を輸入して、
それをつぎはぎで家具にして終わり。

PPモブラー社は違うんです。
材料に使う木は根っこから抜き取ります!
木を根っこから抜き取れば、
穴に盛り土をして、苗木を植えることで、
その場所で木を増やすことができます。

この費用は木を単に切り倒すのと
比べると、莫大です。そして、製材する
ときも一つの椅子やテーブルは、
同じ1本の木からつくることができるように、
一枚一枚の板に対してどの木からとれた
板かわかるようにナンバリング
をしていくのです。

全世界をみても、ここまでやってる
家具工房、会社はありません。

blog-pp160223-02

木本来の肌触りってことは、汚れが
そのままつくんじゃないかって心配!?

気になるテーブルのメンテナンスは…、
手入れはお風呂掃除やトイレ掃除と
一緒で必須です。

「だからウレタン塗装がよいのよ!」って、
家族会議が始まりそうですが、
ソープフィニッシュは手入れをすれば
するほど汚れもつきにくくなります。

メンテナンスフリーじゃないのなら、
子供がいる家庭にはもってのほか?
と思われるかもしれませんが、
子供がいる家庭こそピッタリだと思うのです。

blog-pp160223-03

普段よく目にする完璧に塗装で覆われた
木の家具は汚れにくいですが、
キズがついても、塗装が剥げても自分で
簡単に直すことは難しいです。

一方でソープフィニッシュの家具なら
汚れたら大人でも子供でも、
安心して石鹸の泡を使って綺麗に出来て、
傷がついてもやすりで磨けばもとどおりです。

たまに山登りをして、普段の喧騒から離れて
自然に癒されたり満足したりするように、
生活の中で使って、その木が息をしている
気配を肌や目で直接感じ取れることは、
それ以上に心が満たされる
瞬間かもしれません。

毎月日曜日は子供たちと一緒に家具の
お手入れ。息をする素材でつくられた、
一つ一つが特別な思いのつまった家具たち。

手はかかりますが、まるで家族の一員の
ように手をかけた分だけ愛着を深めながら、
PPモブラーの家具たちが発する気配は、
いつでも使う人を無条件に
ほっこり癒してくれるんです。

blog-pp160223-04

照明: louis poulsen(ルイス・ポールセン)/PH 2/1ステム・フィッティング
テーブル:PP Mobler(PPモブラー)/PP85 クロスレッグドテーブル
チェア:PP Mobler(PPモブラー)/PP68 チェア
チェア:PP Mobler(PPモブラー)/PP58 チェア
チェア:CARL HANSEN&SON (カールハンセン&サン)/CH24 Yチェア
置物:ARCHITECTMADE (アーキテクトメイド)/Duck and Duckling


この記事を書いた人

イトウ

毎日風を切って自転車通勤しております。 見て好きになって、 使ってもっと好きになってしまう北欧のデザインに興味津々です@@

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップCONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちらメルマガ登録はこちら