育てるウールファブリック

お初にお目にかかります!スタッフイトウです。
CONNECTにいると毎日、ほぉ~と学ぶことばかりです。

見ているだけでワクワクしてくる、カラフルな生地達♪

ブログ3

昨日は朝からデンマークの
生地メーカーKvadrat(クヴァドラ)
さんにお越し頂いて、勉強会がありました!

ブログ1

実は、デンマークの名作家具に使われている生地のほとんどが、
クヴァドラ社の生地なんです。 
鉄道などの公共の施設で使われるほど、群を抜いて丈夫で美しい生地達・・・

クヴァドラの生地の基本はウールです。
ウールって冬の素材でしょ!と思い込んでいましたが、
昨日は、えっそうだったの!?を連発する私でした。

ブログ4

・・・天然素材のウールは、吸水性の高いコットンと違って、
「湿気を吸って吐く」という性質。なので冬は暖かく、夏はさらっとしています。
だから湿気の多い日本では特に、一年中心地よい素材だったんです!

毛玉が出来そう・・・と思っていたのも
化学繊維じゃないので、静電気が発生しにくく、毛玉も出来にくいそうです。

ファブリックの家具って汚れるでしょ・・・というのも
ウールの天然の油分が、水滴や汚れを弾くので汚れにくいそう。

あと、気になるのが、ウールのチクチク。
これは糸の太さと織り方が原因だそう・・・。
ウールでも糸を丁寧に加工して、コットンと見分けのつかない様な生地もあります。
チクチクするものも、ノンウォッシュのジーンズを育てるみたいに、
使っているうちにだんだん馴染んできます・・・

息をする素材だからこそ、心地よく、そして末永くつかえる・・・
革張りや木の家具を育てる。というのは聞いたことがあっても、
ファブリックの家具を育てるっというのは、
私にとって目からうろこ !でした。

昨日1番印象に残ったのが、CONNECTに置いてある
大きなクヴァドラの生地見本でした。
教えてもらった通り、1枚1枚折って並べてみると
おぉ!綺麗!

ブログ2

普通ある色見本のグラーデーションではなく、写真のように、
広げた時に美しく見えるように、色を並べているそう。
生地自体もデザイナーの1つの作品なんです!

実はLDにはたくさんの、クヴァドラの生地見本が並べてあります。
この中から好きな張地を、選ぶことが出来るんです。
眺めているだけでワクワクしてきます♪

ぜひお越しになった際は、触ってみてください~
そして習得したクヴァドラ折り!注文してみてくださいませ~~♪


この記事を書いた人

イトウ

毎日風を切って自転車通勤しております。 見て好きになって、 使ってもっと好きになってしまう北欧のデザインに興味津々です@@

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップCONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちらメルマガ登録はこちら