寒い冬の過ごし方

こんにちわ。 
スタッフのやましたです。

CONNECTのある香川県は、台風も避けて通る、雪もほぼ降らない土地ですが
週末に大寒波がやってくる!!!

香川にも雪が積もる????

と不安とワクワクが入り混じってましたが
週末を終えると雪は少し舞った程度でした。

 

でも雪が降るとなるととっても寒いですよね~
寒波を肌で感じました。

私は冬になると寒さで寝れなくなります。

ゆみちゃんに、おばあちゃんやん~と言われましたが 
最近では朝方4時くらいから目が覚めて寝れなくなってしまうのです。

 

睡眠不足ってダメだな~と思い、よい睡眠の為に
最近実践してみてることがあります!!

 

ちょっと前までは、寝る前にビールなどアルコールを飲んで眠りを
誘ってました。 
しかし冬になると飲むとストンと寝れるけど、すぐにトイレに行きたくなって
2時間くらいで目が覚めてしまうんですよね~

これはよくない!!!!!

 

そこで、友達に教えてもらった事なのですが、
腸を温めると良く寝れるらしい!との事。

 

そこで寝る前にホットミルクやホットココアを飲むようにしてみました。
適温のホットミルクを飲むことで深部体温が一時的に上昇するそうです。
そして体温が少しづつ下がるときに眠気がくるそうなのです。

あと牛乳にもリラックス効果があるようです。

ホットミルク

ミルクの香りにつられてやってこられた方が一緒に写ってますが猫舌の為飲めませんでした~

 

もうひとつ。
湯たんぽでお腹を温める。

 

末端冷え性なので、足元に湯たんぽを忍ばせて毎日寝てますが
胃が痛い時に湯たんぽをお腹の上に乗せてると痛くて歯をくいしばってたのに
気がつくと眠りについてたって事がよくありました。

湯たんぽってじんわ~り温かくなるんですよね~
このじんわ~りがとても心地良いんです!

でも普段使ってる湯たんぽってお腹に乗せるには大きいし
重いんですよね~

 

そこで目に留まったのがラプアンの湯たんぽ!
可愛いし触り心地良いしお腹の上に乗せてても重くないサイズ!
これは本当にお勧めです!!!

 

湯たんぽ

 

深部体温とは体の中心部の体温の事らしいです。
人の体は深部体温と表面の皮膚体温があって、温度に違いがあります。
人の深部体温は37度前後と言われていて、皮膚温度はこれより低く
手や足の温度はもっと低いらしいですよ~

 

春までまだまだありますが
寒さに負けない良い眠りについて研究したいやましたです。


この記事を書いた人

yamashita

大学では吹きガラスを専攻していました。 CONNECT実店舗でiittalaのタンブラーを眺めてはニヤニヤしてしまう程ガラスが好きです。 趣味は愛猫と遊ぶこと、旅行の計画をたてる事。飛行機が離陸する瞬間が一番ワクワクします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップCONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちらメルマガ登録はこちら