薪ストーブ火入れ

今年の春に完成した香川県丸亀市のT邸。

朝晩が冷え込んできたので、火入れを行ってきました。

機種は「HWAM3110」

施工が無事できているか、うまく燃えるかどうかのチェックはもちろん

1回目の火入れには意味があります。

ひとつめは、表面をコーティングしている塗料がある程度の温度まで熱せられ、

その後冷えることによって、きちんと塗料が馴染むようになっています。

もうひとつは、いきなりたくさんの薪を燃やして、薪ストーブ本体を急激に熱すると

傷む可能性があるため、数本燃やして、冷ましてという慣らし運転の意味合いが

あるのです。

今回も無事に火入れもうまくいって、T様も私も携帯でパシャパシャ(笑)

やっぱりHWAMの薪ストーブの火は、本当にきれいでした!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


この記事を書いた人

アカヒラ

香川県丸亀市にあるCONNECTのお店にいます。 家具や照明、薪ストーブなどのインテリアを担当。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップCONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちらメルマガ登録はこちら