ルイスポールセン「PH5シリーズ」徹底比較!

ph5

北欧デザイン好きなら誰もが知っている名作「PH5」。
1958年発表以来、今もなお世界中で人気の高いペンダントライトです。

そんなPH5も発売後60年以上がたち、さまざまなバリエーションが生まれました。ここでは、自分にぴったりのPH5を選ぶために、さまざまなPH5シリーズを比較していきたいと思います。みなさんのお気に入りを見つけてくださいね。

 

PH50、PH5コンテンポラリーは2018年 生産終了です。詳しくはこちら

 

 

PH5シリーズの特徴

まずはPH5の特徴を見ていきたいと思います。PH5が名作とされるのはなぜでしょう?
その理由を見ていきます。

 

 

1.まぶしい光が直接目に入らない「グレアフリー」

グレアとは、不快感や物の見えづらさを生じさせるような、ぎらついた「まぶしさ」のこと。寛ぎのスペースをつくるためには、目に突き刺さるようなまぶしい光を取り除き、「目にやさしい光」をつくってあげることが大切になってきます。

 

 

2.安らぎを与える、光と影のコントラスト

ルイスポールセン PH5

木々や家々の影が黄昏の空を引き立てるように、光を美しく感じるためには影が程よく存在することが必要不可欠。PH5の大きなシェードが生み出す、光と影の心地良いコントラストは、私たちをほっとさせてくれます。

シェード内側は、黄昏時を再現するために設計されています。太陽の暖かみを持った赤色、反射板は爽やかな空の青に塗装され、人が最も穏やかな気持ちになれる灯りとなっています。

 

3.どこに吊る?~おすすめはダイニングテーブルの上

PH5シリーズは、手元を良く照らしたい「ダイニングテーブルの中央」に吊るのがオススメ。 テーブルからのベストの高さは約60cm。テーブル面をしっかり照らしてくれます。

おいしそうに照らし出された料理と共に、大切な人と穏やかに過ごせる空間をつくれば、心も身体もしっかりと充電できる日々を送れそうです。

 

 

4.まぶしくないけど、きちんと明るい

意外に明るい・・・実際にPH5の光を見られたお客さまからよく聞くお声です。PH5は落ち着ける光を空間全体に広げながら、下方にたっぷりと光を届ける構造なので、意外に手元は明るいのです。リビングでの食事はもちろん、読書や勉強にも十分な明るさです。

ただPH5から離れた場所は暗くなるので、その場合はスタンドランプやフロアランプで明かりを追加しましょう。

 

 

5.施工も意外と簡単

ご自宅の照明のコード先をご確認ください。こちらの配線器具のどれか一つでもついていれば、電気工事なしでPH5に付け替えることができます。ご不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

色々なPH5~選ぶポイント

さまざまなタイプが出ているPH5。選ぶ際には次のポイントから考えてみましょう。

1.「なりたいお部屋の雰囲気は?」:他のインテリアとの相性を考える
2.「昼間はどう見える?」:カラーを選ぶ

 

1. PH5クラシックホワイト:オリジナルを再現した純白のランプ

 

【正規販売店】 louis poulsen ( ルイス ポールセン ) PH5 クラシック ホワイト 

 PH5クラシックの特徴は以下の2点です。

・1958年発表のオリジナルに近い形を再現。「やっぱりファースト・モデルにこだわりたい!」というインテリア好きの方には、このPH5クラシックがオススメ。
・どんなインテリアにも合わせやすい、純白のカラー。モダンなインテリアにも、ナチュラルなお部屋にも合う万能選手。

 

ph5

 

 

2. PH5 モダンホワイト:上品な印象を楽しむ大人のためのランプ

ルイスポールセン PH5 モダンホワイト

 

【正規販売店】louis poulsen(ルイスポールセン)  PH5 モダンホワイト

 

PH5コンテンポラリーの特徴は以下の2点です。

・どんなインテリアにも合わせやすい、純白のカラー
・光沢のないマットな塗装とブロンズカラーのパイプで、上品な印象。

ルイスポールセン PH5 モダンホワイト

 

 

 

3. PH5グラデーション:鮮やかなカラーが楽しめるランプ

PH5 ルイスポールセン 新作 グラデーション

【正規販売店】louis poulsen(ルイスポールセン) PH5 グラデーション

 2018年4月 ルイスポールセンは、PH5の誕生60年を記念し、鮮やかなグラデーションカラーのPH5を発売しました。

PH5グラデーションの特徴は以下の3点です。

・オレンジ、ローズ、レッド、グリーン、ブルー、グレーの6色の大胆なカラー。
・上から下に向かうにつれて淡くなり、色のグラデーションを楽しむことができる
・昼と夜で違った雰囲気を楽しむことがでる。

昼間は、鮮やかなグラデーションカラーがお部屋を明るい雰囲気に、夜、灯りをつけたときには、下方向に向かうにつれて光の反射が高まり、テーブルを明るく照らす機能的な照明へと変わります。

 

 

まとめ

ため息の出るほど美しいデザインのPH5。光の事を知り尽くしたデザイナー、ポール・ヘニングセンによって生み出された光の芸術品です。

PH5のことをもっとくわしく知りたい方は、CONNECTホームページをご覧ください。
今回ご紹介できなかった納品事例やルイスポールセンのすばらしさについて紹介しております。

今回紹介した商品のご購入はこちら

 


この記事を書いた人

CONNECT

こんにちは。香川県丸亀市ののどかな場所に実店舗を構える、ライフスタイルショップ「CONNECT(コネクト)」です。北欧のブランド(ルイスポールセン・フリッツハンセンなど)を中心に照明・家具・ヴィンテージ家具やインテリア雑貨をセレクトし、販売しています。 また、インテリアから考えるお家づくりも手がけています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップCONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちらメルマガ登録はこちら