丸亀 マンションリノベ #5 ペンダントライトについて

リノベーション現場は順調そのもので、
天井の羽目板(パイン材)も無事完成です。
白の塗装仕上げをする予定なので、
仕上がるとまたグッと雰囲気が変わります。
マンションリノベ

天井羽目板 パイン材

で、前回はテーブルの検討だったので、
テーブルが決まると、次はペンダントライト!
ダイニングチェアに行きたいところですが、
CONNECT的にはやはり照明ですね。
ダイニングチェアは、いろん椅子を組合わせて
置くことになるので、主になるところからという考え方です。

テーブルのサイズがW2,200あるので、
普通サイズのペンダントだと、確実に明るさが確保できません。
電源1ヶ所で検討する場合は、すこし特殊な形状をした
タイプのペンダントを選ばないといけなくなります。

多灯吊りの器具でいくと、
FLOS/Fucsia の12灯とか

横長のタイプだと
FLOS/Long&Hardとか

他にも、いろんなデザインのものがあると思いますが・・・。

あと、方法とするとライティングダクトレールを使うかです。
どういうペンダントを吊るすのか決めきれないときは、止む無し・・・。
後でじっくり決めることができますからね。

でも、ダインンぐテーブルが決まっているので、
少しがんばってイメージを膨らまさせると、
テーブルの位置が決まってきます。
テーブルのサイズと位置が決まれば、
こっちのもんですよね。(こっちってどっち)

W2200を照らすことを考えれば、
やはり2灯吊り。
直径150㎜前後のものを3灯っていうのも考えれますが、
今回はスッキリ感を優先して。

Louis Poulsen(ルイスポールセン)だと
Toldbod220
大人っぽさふだと、PH 3/2
すこしボリューム感がでますが、PH5を2灯っていうのもあり得ます。

で、今回はLightyearsのCARAVAGGIO MATTを2灯吊り

CARAVAGGIO MATT

光を絞った落ち着いた雰囲気にしたいのと、
とにかくスッキリとがコンセプトなので、
やっぱりCARAVAGGIO(カラヴァッジオ)です。

偶然にもテーブルのデザインもペンダントのデザインも同じ
Cecilic Mantz(セシリエ・マンツ)さん!
馴染むわけですよ。

取付が楽しみになりますね~。

しかし、現場が順調だけに、
ブログのアップが間にあっておりませぬ。

高木
   高木


この記事を書いた人

TakagiTomohito

CONNECTの代表・高木智仁です。 ポテサラ好きの3児の父親でございます。 普段は北欧に買い付けに行ったり、国内のメーカーさんの所にお邪魔しに行ったりしております。インテリアにまつわるあれやこれやをお伝えしていきます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップCONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちらメルマガ登録はこちら