ソファ紹介part1 ~国産ソファ編~

9月17日(木)~10月14日(水)に、CONNECT LDで開催される
北欧ソファ展+CONNECT Selection』に展示するソファを
少しずつ紹介していきたいと思います。
まずpart1として、”国産ソファ”を紹介します。

Bruno(ブルーノ)

bruno
designer/Jasper Morrison
brand/MARUNI (MARUNI COLLECTION)

世界的プロダクトデザイナー「ジャスパー・モリソン」
がデザインを手がけたシンプルで美しいソファ。
ナチュラルな風合いの木のフレームと
ファブリッククッションというシンプルな構成です。
横から見たフォルムが美しく、
均整のとれた絶妙なバランスのフレームは、
ジャスパー・モリソンらしさ溢れるデザイン。

シンプルながらもこだわりがたくさん!
見えない構造部分にも木を使ったソファは
木工メーカーならでは。
座り心地や快適さを考えた木の構造体そのものが、
さりげなく美しいフォルムを作っています。
座面の高さや背もたれの角度を何度も検証し、
快適な座り心地を実現しています。

クッションは、羽毛とウレタンの二重構造のため
柔らかいのに芯はしっかりとした弾力があるのが特徴。

シンプルでありながら美しいフォルムと
座り心地のよさを兼ね備えたソファです。

【TRADITIONAL(トラディショナル)】

トラディショナル
designer/深澤直人
brand/MARUNI

マルニ木工の定番として長く愛されてきた地中海シリーズのソファが、
現代風に生まれ変わりました。
特徴となっていた装飾を単純化し、現代のインテリアに調和する
色と織りのファブリックに仕上られています。
すっきりと張り上げられた座面とすらりと伸びたシンプルな脚が特徴的です。
ハイバックスタイルの背は存在感があり、
座った時にしっかり受けとめてくれます。
古典的な要素を保ちつつも、シンプルでモダンな表情を持つソファです。

 

【Day bed sofa(デイベッドソファ)】

graf
design/graf
brand/ad

暮らしに関わるあらゆる要素をものづくりから考え実践する
クリエイティブユニット『graf』が手掛ける
家具ブランド『ad』から登場したデイベッドソファ。

デイベッドという名の通りベッドにもなるソファです。
そのようなソファは数多くありますがリビングに置いても様になる
これほどシンプルで美しいデイベッドは他に知りません。

38cmという低めの座面はリラックスして座るのにも最適で、
設置した空間も圧迫しません。
ベッドとしても使える深い座面は座り心地もよく、
そのまま横になるのに最適です。
もちろん、来客時などの簡易ベッドとしても活躍します。

背面も綺麗に作られていますので、
部屋の中央にレイアウトすることができます。

 

【maruni60(マルニ60)】

maruni60
brand/MARUNI

素材感を生かした優しいフォルム、レトロな生地など、
60年代のスタンダードデザインをコンセプトに生まれた
「maruni60」。

クッションのみの交換や掃除が簡単にできるように
置きクッションを採用しています。
フレームとクッションが分離しているため
座った時に突っ張らず、体を包み込んで、
気持ちのいい座り心地を実現してくれます。

また、フェザーを合成繊維でくるんだクッションは
適度な弾力があり、型くずれしにくい構造にもなっております。
ポンポンと軽くたたくだけで元通りふっくらした状態に戻ります。

座面部分にはゴムベルトが編み込まれており、
お尻が底にあたるような感覚はほとんどなく快適です。
背と座のシート部分はフェザーのクッションを採用。
へたりにくく、ふんわりとしたソフトな座り心地です。

何と言っても最大の特徴は分割可能なセパレート式という点。
2シーターソファの連結を外して1シーターソファにしたり、
お部屋に合わせて自由にコーディネートして頂けます。

 

【HALFWAY(ハーフウェイ)

ハーフウェイ
designer/TERUHIRO YANAGIHARA
brand/Karimoku New Standard

まるでブロックを積んだかようなユニークなフォルム。
使い方を定めない、自由なソファ「HALFWAY」。
90cmという短い横幅に対し、ちょっと高めの
45cmのシートハイを持つソファです。
既存にはないサイズ、形状だけに、自由な発想が求められます。
複数台を組み合わることで、ゆったり寝転がったり、
複数で座ったりすることも可能です。
触れたときの心地よさ、上質感を追求し、張り地のファブリックを
カリモクニュースタンダードがオリジナルで開発しています。
沈み込みすぎず、硬すぎない、適度な安定感のある座り心地は、
カリモクの工場の「張り」の実力を示しています。

【HIROSHIMA(ヒロシマ)】

hiroshima
designer/深澤直人
brand/MARUNI(MARUNI COLLECTION)

スマートな直線でありながら、穏やかな丸みも合わさったフォルム。
とてもシンプルで洗練されたソファHIROSHIMA。
低めの座面と薄さで圧迫感がなく、うまく空間に溶け込みます。

適度に沈みこみ体を支える羽毛と低反撥ウレタンの絶妙な構造や、
なめらかな縫い目など、細かなところまで丁寧に仕上げられています。
また、クッションに滑り止めの素材を付けることで、
立ち座りの際にカバーとクッションがずれないよう工夫されています。
絶妙な座り心地で上質なソファです。

—————————————–
『北欧ソファ展+CONNECTSelection』
日時:9月17日(木)~10月14日(水)
       AM10:00~PM18:00
場所:CONNECT LD
—————————————–


この記事を書いた人

イトウ

毎日風を切って自転車通勤しております。 見て好きになって、 使ってもっと好きになってしまう北欧のデザインに興味津々です@@

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップCONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちらメルマガ登録はこちら