【カリモクニュースタンダード】サイズ・座り心地・お手入れの気遣いの3拍子揃ったソファ

こんにちは、キャストールソファには思い入れのあるスタッフのイトウです。

キャストールソファとは、老舗の家具メーカーのカリモク家具の新しいブランド、カリモクニュースタンダードの名作ソファです。
CONNECTへはじめて入荷してきたのは2016年の4月。「足がしっかり床につく!日本人の体形にピッタリ合ったソファだ!」というCONNECTスタッフの感動発言から、気になる存在に。

キャストールソファについて知っていくうちに、その座り心地は計算されたものだったことを知りました。
カリモク家具のソファやイスたちは、どれも“イスの座り心地研究”に基づいてつくられているんです。

イスの座り心地研究が生み出した良いあんばいのソファの秘密

 

この研究では、3次元の角度センサーを付けた人が実際にイスに座り、最も楽な姿勢になれる角度やサイズ、硬さを調べたり、座った時の血流を調べたりしているそうです。
ストイックすぎる‥‥‥。

データに基づいたサイズはとても正確。CONNECT店頭にいらっしゃるほとんどのお客様が「角度も柔らかさも丁度よいね~」とおっしゃるほどです。

キャストールソファは、他にも私たちの“ソファの良いあんばい”が計算しつくされています。
その良いあんばいポイントは以下の4点。
1.日本人の身体にピタッと合う
2.リビングダイニングに美しい後ろ姿
3.いつでもフッカリなクッション
4.いつでも洗える

ピタッとくるソファにやっと出会えるかも⁉一緒に見ていきましょう。

 

 

1.日本人の体にピタッと合う座り心地

座っているのは163㎝の私。
まず、背もたれは、肩の部分までドッカリと支えてくれるので、全体重を預けることができます。

アームの高さも高すぎず、低すぎず。肘をかけてゆっくり雑誌でも読みましょう。

奥まで座って背をもたれても、足が床にしっかり着くんです。これだけで、すごく安心感があります。

オットマンを付ければ、もう、極楽。
たっぷりの座面に、コレだね~っていう楽な角度で身体を支えてくれるのです。

 

 

 

2.リビングダイニングに美しく収まる後ろ姿

リビングダイニングがつながったお部屋で気になるのが、ソファの背面のデザインです。
後ろ姿が不自然な絶壁だったり、ネジが付いていたりしたら、見るたびにちょっと残念な気持ちになってしまいます。
キャストールソファーの特徴は、後ろ姿が工芸品のように美しいこと。

その秘密は、カリモク家具の職人技です。グネッとカーブしたアームのつくりや、丸く角が落とされた細いフレームがとても綺麗なのです。


 

 

3.いつでもフッカリが復活!フェザークッション

キャストールソファは、ウレタンの周りを柔らかなフェザーで覆っているので、フワッと心地よいけど、しっかり跳ね返りのある座り心地が特徴。

クッションのソファは使ううちにペチャンコになってしまうイメージがありますよね。しかし、フェザー素材を選べばその心配もありません。
クッションを左右からポンポンたたいて羽の中に空気を取り込むだけで、なんと、フッカリが復活してくれるんです!
自然素材はやっぱり偉大です。

 

 

4クッションを取り外していつでも洗える

キャストールソファは、お手入れのことまでしっかりと考えられているのが嬉しいところ。
すべてのクッションパーツは取り外すことができ、いつでもクリーニングに出せます。
※ウールが入っているので洗濯機での洗浄はおススメしていません。

ウール混みの素材なので、少々の汚れはパッと弾いてくれます。普段の汚れはサッと拭いてお手入れしましょう。

 

ソファの前方からなら、お掃除ロボットも入ります!

 

 

まとめ

改めてキャストールソファの良いあんばいポイントは以下の4点。
1.日本人の身体にピタッと合う
2.リビングダイニングに美しい後ろ姿
3.いつでもフッカリなクッション
4.いつでも洗える

キャストールソファを取り入れることで、目にも身体にも心地よい、リビングダイニングをつくってみてはいかがでしょうか?


 

今回ご紹介した商品
「キャストールソファ/2シーター」

Material:木:ナラ 生地:ナイトブルー(アクリル79%×ウール21%)
Size:W1805×D880×H750/SH370(約mm)
Brand: KARIMOKU NEW STANDARD(カリモク ニュー スタンダード)/日本
Designer:BIG-GAME (ビッグゲーム)
Price:¥248,000(税別)

今回紹介した商品のご購入はこちら


この記事を書いた人

イトウ

毎日風を切って自転車通勤しております。 見て好きになって、 使ってもっと好きになってしまう北欧のデザインに興味津々です@@

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップCONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちらメルマガ登録はこちら