座り心地で選ぶヴィンテージチェア

こんにちは。ダイニングであたたかいミルクティーを飲みながら、インテリア雑誌を見るのが好きな高木です。

CONNECTでは、家族のコミュニケーションの場であるダイニングの椅子は、座り心地で選ぶことをおすすめしています。
しかし、座り心地だけでなく、インテリアの好みや自分の持っている家具、お部屋の雰囲気に合うということも、椅子を選ぶうえで大切ですよね。

 

 

北欧 ヴィンテージ 家具 インテリア

今回は、北欧デンマークで長く愛着を持って使われてきた、ぬくもりあるヴィンテージ家具の雰囲気が好きで、ダイニングでゆったり過ごしたいとお考えのお客様へ、座り心地のいいヴィンテージチェアをご紹介します。

 

 

長時間座っても疲れにくい北欧ヴィンテージチェア

ヴィンテージ 椅子 NO.42

1956年にデザインされた北欧ヴィンテージチェアNO.42。
北欧家具の世界で有名なデザイナーカイ・クリスチャンセンによってデザインされた椅子です。

 

 

美しいデザインと座り心地

NO.42の素晴らしいところは、デザインの美しさと座り心地です。
この椅子をお部屋に置くと、細い華奢なデザインのおかげで、お部屋に圧迫感を与えず、すっきりとした雰囲気になります。

横から見ると、背もたれからひじ掛けの繋がりがアルファベットの「Z」にみえることから、通称「Zチェア」とも呼ばれています。

見た目の美しさだけでなく、座り心地も抜群で、腰や背中に負担がかからず、長時間座っても疲れにくいため、CONNECTおすすめのヴィンテージの椅子です。

ヴィンテージの世界では有名な椅子ではありますが、まだ座り心地をお試しでない方に、NO.42の座り心地についてご紹介します。

 

 

背もたれが動き、ダイニングでゆったり過ごせる

ヴィンテージ 椅子 NO.42

NO.42の椅子は、上の写真のように、姿勢に合わせて、背もたれが動きます。
背筋を伸ばすと、背もたれがまっすぐになり、背もたれにもたれかかると斜めになります。
そのため、食事をするとき、リラックスしたいとき、どちらにも向いた椅子と言えます。

 

 

 

ヴィンテージ 椅子 NO.42

動く背もたれのおかげで、背中がまっすぐな状態になったときに、背もたれもまっすぐになり、腰がぴったりと支えられ、楽に背筋を伸ばして座ることができます。
デスクワークや食事をするときにもおすすめです。

 

 

ヴィンテージ 椅子 NO.42

背もたれにもたれかかり、ひじ掛けにうでをのせて座ると、リラックスすることができ、何時間でも座っていられるほど座り心地のいい椅子です。

 

 

ヴィンテージ 椅子 NO.42

背もたれは、広く、背もたれ全体で体を支えてくれるため、体の一か所だけに負荷がかかることがありません。
クッション性があり、やわらかく、背中にぴったりフィットします。

 

 

 

ヴィンテージ 椅子 NO.42

他のアーム付きの椅子に比べると、コンパクトなひじ掛けですが、見た目の印象よりも使い心地はよく、腕を置いたときにフィットするようカーブしています。

また、コンパクトなひじ掛けのおかげで、立ったり、座ったりが楽に行えます。

 

 

まとめ

デザインの美しさと、クッション性があり、姿勢に合わせて動く背もたれのおかげで、食事をするときもリラックスしたいときにも座り心地がいい椅子「NO.42」
食事を楽しみながら、お酒を飲んだり、本を読んだり、ダイニングでくつろぎたい方におすすめの椅子です。

ホームページで、取り扱いアイテム、商品の詳細な情報を紹介しております。ご購入を検討されている方は以下からご購入ページへお越し下さい。

 

今回紹介した商品のご購入はこちら

 


この記事を書いた人

高木 琴

CONNECT店長 高木琴です。 三人の男の子の子育てをしながら仕事に燃えています。 長く愛着をもって使える家具や雑貨のある、シンプルで心地いい暮らしをお伝えしていきたいと思っています。 どうぞよろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップCONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちらメルマガ登録はこちら