ダイニングテーブルのサイズを決めるうえで忘れてはいけない大切なこと

こんにちは。家ではダイニングで過ごすことが多い高木です。
ダイニングテーブルは、家族構成やダイニングでどのような時間を過ごすのかによって選ぶサイズが異なります。

最近のおうちは、リビングとダイニングの空間を仕切らず、ひとつの空間になっていることが多いです。そのため、同じ空間にソファとダイニングテーブル・椅子といろいろな家具を置くのに、部屋全体のバランスではなくついつい単品だけで考えて家具を選んでしまいがち。

今回は、ダイニングテーブルのサイズを決めるうえで忘れてはいけない大切なポイントをご紹介します。

 

60cm幅の動線が確保できるダイニングテーブルのサイズを選ぼう

ダイニングテーブルのサイズを選ぶ際は、家族構成だけでなく、お部屋全体のバランスを考えて選ぶことが重要です。

そこで忘れてはいけないポイントが動線です。動線とは、人が家の中で動く経路のことを言います。家の中でスムーズに動くことができる家は、家事もしやすく、住みやすい家となるため、家具を配置するときにも動線を考えておかなくてはなりません。

家の中で人が移動するために必要な動線の幅は60㎝です。

 

 

ダイニング 動線

家具と壁までは、人がスムーズに通れるように60㎝はあけておきましょう。そうすれば部屋の中をストレス無く移動することができます。

 

 

 

ダイニングテーブル 動線

動線の幅60cmはテーブルだけでなく、椅子を配置したときにも同様です。

上の写真のように、テーブルと椅子を配置して、60㎝の距離がとれるかも確認するようにしましょう。ひじ掛けのある椅子は、テーブルにおさまらないものが多いため、ひじ掛けのある椅子でのんびり過ごしたいとお考えのお客様は、より広いスペースが必要です。

 

 

家族がゆったりと食事ができるおすすめサイズは150cm〜160cm

PPモブラー ダイニングテーブル PP85

CONNECTでは、動線の邪魔にならず人がスムーズに移動できる60㎝幅の動線がとれているのなら、4人掛けで幅150㎝~160㎝のテーブルをおすすめしています。なぜなら、大人2人が並んで座っても窮屈に感じることなく、ゆったりと食事をすることができるからです。

一般的に、一人が食事をするうえで必要なスペースは、おおよそ横幅60㎝~70㎝、奥行40㎝と言われています。4人家族なら、横幅120㎝~140㎝のテーブルであれば食事をすることができますが、実際に大人2人が横に並び、4人で食事をすると、となり同士の距離が近く、狭く感じてしまいます。

ダイニングは、家族のコミュニケーションの場でもあります。その日あったことを話しながら、和やかな雰囲気で囲むダイニング。ゆったりと食事を楽しむためにも、動線の確保ができるのなら幅150㎝~160㎝のテーブルがおすすめです。

現在、小さいお子さんがいる家庭でも、成長して中学生くらいになってくると大人と変わらない体形になってくるため、将来を見据えてダイニングテーブルを選ぶことも重要です。

次に、4人掛けでゆったりと食事ができるダイニングテーブルをご紹介します。

 

 

4人掛けでゆったり過ごせる幅150㎝サイズのテーブル

 

KARIMOKU NEW STANDARDのキャストール

 

ダイニングテーブル サイズ 150㎝

KARIMOKU NEW STANDARD(カリモク ニュースタンダード) / キャストール テーブル

1つ目のおすすめがKARIMOKU NEW STANDARD(カリモクニュースタンダード)のキャストールというシリーズのテーブル。1940年創業、家庭向けの丈夫で長持ちする木の家具を作っているカリモク家具からスタートしたブランドです。

横幅150㎝のテーブルで、テーブルの脚が外側についているため、広々とした印象です。
テーブルの脚が、テーブルの天板より内側についているものも多くありますが、その場合、テーブルの脚と脚の幅が狭くなってしまい、座るときに邪魔になってしまうことも。テーブルを選ぶ際は、テーブルの脚と脚の幅を確認し、椅子が2脚並べて置けるのか必ずチェックしましょう。

 

 

フリッツ・ハンセンのグランプリ

 

北欧 フリッツハンセン ダイニングテーブル

Fritz Hansen(フリッツ ハンセン) GRAND PRIX TABLE(グランプリテーブル)

2つ目のおすすめは、北欧の家具メーカーFritz Hansen(フリッツ ハンセン)のテーブルです。こちらのテーブルも脚が外側についているため、椅子を2脚並べてもゆったりと座ることができます。

グランプリシリーズは、外側の仕上げ材に、オークというナラ材を使い、木の素材感や木目を楽しむことができます。テーブルの天板は、ラッカー塗装という無色の塗装をしており、日頃のお手入れの必要なく使用できるのも嬉しいポイント。

海外メーカーのテーブルは、日本で使用するには大きいサイズのものが多いです。しかし、グランプリテーブルは、海外メーカー製でありながら、日本の住宅でも使いやすいダイニングテーブルなのです。

 

 

用途に応じてサイズを変えることができるダイニングテーブル

両親や友人を自宅に呼んで、食事をすることが大好きという方には、サイズを変えられるこのテーブルが便利です。

 

 

カールハンセン ダイニングテーブル CH006

CARL HANSEN&SON (カールハンセン&サン) CH006 / ダイニングテーブル オーク材・オイルフィニッシュ

北欧の家具メーカーCARL HANSEN&SON (カールハンセン&サン)のCH006というテーブル。

 

 

カールハンセン ダイニングテーブル CH006

こちらのテーブルは、上の写真のように、両端の天板を折りたたむことができ、折りたたんだサイズは最小で90㎝×138㎝ですが、片方の天板を広げると幅187㎝となり、両端の天板を広げると幅236㎝まで大きくなります。

必要に応じてサイズを変えることができるため、ホームパーティーなどダイニングで時間を過ごす人の人数が増える機会が多い方におすすめです。

 

 

まとめ

ダイニングテーブルは、テーブルのサイズとデザインや家族構成だけでなく、60cmの動線確保やソファ・椅子・他の家具とのバランス、ダイニングでどのような時間を過ごすのかなどを総合的に考えて選びましょう。そうすれば居心地がいいダイニング空間になりますよ。

CONNECT(コネクト)実店舗では、実際に実物のテーブルをご覧いただきながら、暮らしのスタイルに合わせたテーブル選びのお手伝いをいたします。

取り扱いアイテム、商品の詳細な情報、お値段が知りたいなど、ご購入を検討されている方は以下からご購入ページへお越し下さい。

 

今回紹介した商品のご購入はこちら

 

 

———————————————

【関連記事】 ダイニングテーブル

濃い色の床だけどテーブルは何を選ぶべき?大人な北欧ダイニングのつくり方

ダイニングテーブルのサイズを決めるうえで忘れてはいけない大切なこと

ダイニングテーブルを「仕上げ」で選ぶ①オイル仕上げ・ソープ仕上げの違い

ダイニングテーブルを「仕上げ」で選ぶ②ウレタン塗装・ラッカー仕上げ(塗装)の違い

———————————————


この記事を書いた人

高木 琴

CONNECT店長 高木琴です。 三人の男の子の子育てをしながら仕事に燃えています。 長く愛着をもって使える家具や雑貨のある、シンプルで心地いい暮らしをお伝えしていきたいと思っています。 どうぞよろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップCONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちらメルマガ登録はこちら