濃い色の床だけどテーブルは何を選ぶべき?大人な北欧ダイニングのつくり方

こんにちは、最近家具のコーディネイトのコツを発見しました、スタッフイトウです。

ダイニングスペースの風景をつくっている、床、テーブル、イス。
「とりあえず床やテーブル、イスの素材すべてを揃えれば間違いないよね!」と選んでしまいがちです。

しかし、そうやって選んだ家具を設置してみると、「なんだかオシャレに見えないな」「お部屋がなんだか暗い」と上手くいかないことがよくあります。

中でもチーク材やウォルナット材などの濃い色の床を選んだと時に、上手くいかないことが多いのです。

その理由は、以下の2点です。

・同じ木材の色は同化してしまうので、家具の形がぼやけてしまう
・濃い色はお部屋の光を吸収し、お部屋を暗くしてしまう特性を持っている

失敗を防ぐために大切なのは、床・テーブル・イスのコーディネイトで“色と明るさのメリハリ”をつくること。

チーク材の床・ウォルナット材の床に分けて、“色と明るさのメリハリ”がある大人な雰囲気の北欧ダイニングのつくり方を一緒に見ていきましょう。

 

 

 “色と明るさのメリハリ”の大切さがわかる写真

こちらのミーティングスペースでは、ウォルナット材の床・白い天板のテーブル・ライトグレーとネイビーのイスを組み合わせて、色のメリハリをつくったコーディネイトがなされています。写真から爽やかな印象を受けますよね。

部屋の明るさを比較するには写真を白黒にするとわかりやすいです。

まずこちらがコーディネイトを変えずに、写真だけを白黒にした例。

次に、机を床と同じカラーにして、イスをすべてライトグレーのイスに変更して、写真を白黒にした例をご覧ください。
すると特徴的なチェアの形がなんだかボヤッとしてしまい、地味で暗い雰囲気になってしまいました。

濃い色が濃いほど重厚感や高級感を作り出してくれるのはメリットですが、光を吸収しお部屋を暗くしてしまうデメリットもあります。

家族揃って美味しいものを食べるダイニングは、明るく楽しい気分でいたいもの。
明るい色を組み合わせたり、明度の異なる家具を組み合わせたりすることでつくり出す“メリハリ”は、心地よいダイニングに大切な要素なのです。

 

 

床がチーク材の場合は
【チーク材のテーブルと明るい色のイスを組み合わせる】

・カラーのイスを組み合わせる

写真のコーディネイトでは、発色の良いからし色のようなイエロー。
発色の良い明るい色を組み合わせることで、メリハリをつくることができます。


下写真の生地見本の中だとブルー・ホワイト・イエローが発色の良いオススメカラーです。


▲デンマークのクヴァドラ社×ミナペルホネンの生地。CONNECT店頭でお取り扱いがあります。

 

・ビーチ材を組み合わせる

個性的な形のイスを、チーク材の床と合わせる場合は、明るい色を選ぶと、形が引き立ってメリハリがでてきます。
ここでのポイントは、白ではなく、明るいビーチ材を選ぶこと。
そうすることで、木の暖かい雰囲気を残した、ナチュラルで高級感のある雰囲気をつくることができます。

明るいイスを選んでメリハリをつくったダイニングの例


▲写真はセブンチェアのビーチ材

 

 

床がウォルナット材の場合は
【ホワイトテーブルとセブンチェアを組み合わせる】

・スチール脚×ホワイト天板のテーブルを組み合わせる

ウォルナットの濃い色味には、ホワイト天板のテーブルを選ぶと明るくメリハリのある空間をつくることができます。
しかし、ウォルナットと白って目立つからそんな勇気ないよ・・・と不安になりますよね。
そんな時は、テーブル天板と脚で違う素材を組み合わせたテーブルを選べば上手く馴染んでくれます。



▲写真はセブンチェアのナイングレーフリッツハンセンBテーブル(写真サイズは廃番ですが現在W1500のものあり)

 

・オーク材の木脚×ホワイト天板のテーブルを組み合わせる

モダンな雰囲気より、温かみのある木の雰囲気が好きな方におススメの組み合わせ。
オークの脚を組み合わせることで、白とウォルナット材の色のメリハリが少し和らぎ、柔らかい雰囲気をつくることができます。


▲写真はMARUNIのライトウッドテーブル 人工大理石タイプ

 

 

まとめ

チーク材やウォルナット材などの濃い色の床を選ばれた方が、
ダイニングの家具選びに失敗しないコツは“色と明るさのメリハリ”をつくること。

組み合わせる家具の色や素材を工夫し、メリハリのあるコーディネイトすることで、
大人っぽく明るい北欧ダイニングをつくってみてはいかがでしょうか?


この記事を書いた人

イトウ

毎日風を切って自転車通勤しております。 見て好きになって、 使ってもっと好きになってしまう北欧のデザインに興味津々です@@

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップCONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちらメルマガ登録はこちら