大切なものを長く使うために。お家で出来るウールのお手入れ方法

こんにちは、年明け早々インフルエンザにやられてしまったイズミです。みなさんは大丈夫ですか?

さて、まだまだ寒い季節が続いていますが、だんだんと春が近づく頃。
ここまで頑張ってくれた冬のウールアイテム、そろそろお手入れしたいな~って気分になりますよね。

今回は、お気に入りのウールアイテムを長く使っていただくために、ご自宅でも簡単にできるウールのお手入れ方法をご紹介します。

 

1. 日々のお手入れは、風通し&ブラッシングで

天然のウールを使用した北欧のショールやブランケットは、汚れが付きにくく、頻繁に洗う必要はありません。むしろ、過度なお手入れは風合いを損ねてしまいます。

日々のお手入れは、使った後に風通しとブラッシングで十分です。それぞれの方法について見ていきましょう。

 

風通し

風通しは、軽く形を整えて、湿気の少ないところに掛けておくだけでOK。繊維の間に空気を通してやることで、こもった湿気や汗を乾かして雑菌などの繁殖を防いでくれます。

 

ブラッシング

ブラッシングには衣類用のブラシを使いましょう。このお手入れによって、表面のゴミやホコリを取り除き、表面の繊維を整えることができます。
目には見えにくいですが、冬のウールにはチリやホコリ、小さなごみが付いています。それを取り除くことで、ウールを良い状態にキープして、長く使っていただくことができるのです。

また、ウールは使っているうちに表面の毛が絡まって毛玉になりやすいので、そうなる前に毛の流れを整えてあげると、綺麗な状態が長続きします。

 

クリッパンのウールコーム

 

すでに出来てしまった毛玉へのお手入れには、クリッパン ウールコームを活用しましょう。ショールやブランケットの表面をゆっくりとかすだけで、遊び毛や毛玉を取り除いてくれます。寝てしまった毛も起こしてくれるので、本来の風合いが蘇りますよ。

毛玉を取ろうと力を入れてゴシゴシせずに、優しく撫でてあげるのがポイントです。

 

2.においが気になるときは、「マーチソンヒューム」をスプレー

飲み屋さんや焼肉屋さんなどに行った時や、汗をかいたりタバコのニオイが近くにあったりする時など、ウール製品についたにおいが気になることもありますよね。

そんな時は、洗わずにニオイが取れるマーチソンヒュームの衣類用スプレー「『オリジナル』ガーメントグルーム」がおすすめ。衣類にシュシュッとスプレーするだけで、気になるニオイを消臭して、アロマの優しいおだやかな香りに変えてくれます。

ショールやブランケット全体にスプレーして、あとはそのまま乾かすだけ。
寝る前にスプレーしておけば、次の日には気持ちよく着られますよ。

 

3.どうしても丸洗いしたい!いざという時はお家で手洗いも

CONNECTでお取り扱いしているウールアイテムの一部は、水洗いが可能です。

シーズン最後のお手入れはもちろん、思わぬ汚れが付いてしまった時など、急いで対処したい場合もありますよね。そんな方のために、ここではご自宅で水洗いする方法をお伝えします。
(※アイテムによってはドライクリーニングのみのものもあります。かならず商品タグをご確認ください)

手洗いの手順

1.大きめのタライや洗面器に、水~ぬるま湯をためて(30℃位まで)、ウールをよく浸します。(サイズが大きいものはバスタブでもOK)

2.一度水を捨て、もう一度ためてから、マーチソンヒューム「ランドリーソーク」をよく溶かします。ウールを入れて全体に優しくなじませ、そのまま漬け置きます。

3.水を入れ替えながらやさしくすすぎます。洗剤が残らないよう、すすぎは十分に。

4.軽く脱水して、形を整えてから陰干しします。

ポイント

洗う時・すすぐ時に、できるだけ触らないこと。ウール製品は押したり揉んだりすることで、縮みや型崩れが起こりやすくなります。

いかがでしたか?お家でも結構簡単に洗えますね。

まとめ

今回は、ウールショールやブランケットのお手入れ方法をご紹介しました。ちょっとした日頃のケアでお気に入りのアイテムを長く使っていただくことができます。ぜひご家庭で試してみてくださいね。

 


この記事を書いた人

izumi

CONNECTのweb担当。3匹の猫と暮らしています。 デザインだけでなく、素材や製法にもこだわった北欧のアイテムたち。その良さを皆さまにお伝えできたらと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップCONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちらメルマガ登録はこちら