寒い冬。家での時間を大切に過ごすための、上質なインテリアファブリック

冬が近づき、寒さを感じるようになると、自然と家の中で過ごす時間が増えていきます。そんな時間を大切にしたい人のための、上質なインテリア・アクセサリーたち。

前回に引き続き、フリッツハンセンの「オブジェクツ」より、暮らしを快適にするファブリックアイテムをご紹介します。

「アルネ・ヤコブセン」のクッション 

フリッツハンセン オブジェクツ

このクッションは、陰影のある立体的なパターンが特徴。セブンチェアをデザインした名匠アルネ・ヤコブセンがデザインしました。
どんなインテリアにも合わせやすい、シックで落ち着いたカラーなのに、存在感があります。

 

ニット生地だから、柔らかな使い心地

 

 

クッションカバーの生地としてよく使われるのは、織りの生地。張りがあって型崩れしにくいのですが、どちらかといえば「さらっ」とした肌触りになります。
ですが、このアルネ・ヤコブセンのクッションは、珍しいニット素材。ふわっとして温かく、秋冬の寒い季節でもひんやりしません。

 

型崩れしにくい、中材の秘密

 

「そんな柔らかいニット生地なら、型崩れしやすいのでは?」とご心配される方もいるかもしれません。その問題を解決するため、このクッションの中材(中身)には「フォスフレイクス」という素材を使っています。

フォスフレイクスとは、デンマーク生まれの新素材のこと。軽くて丈夫なポリエチレンを薄く引き伸ばし、ふわふわの状態に加工しています。羽毛のように軽くて柔らか。それでいて、圧縮しても一瞬にして戻る復元力と弾力性がある、驚きの新素材なのです。

だから、アルネヤコブセンのクッションは柔らかなのにしっかり、へたりにくい。
クッションタイプとピロータイプ、各2色の展開です。

Fritz Hansen(フリッツ ハンセン) ARNE JACOBSEN CUSHION アルネ・ヤコブセン / クッション

 

新しいクッションの形、「POUF(プフ)」

フリッツハンセン オブジェクツ

プフ(pouf)とは、モロッコ発祥の丸い形が特徴的なクッション。
日本ではまだあまり馴染みがありませんが、「チェアクッション」ともいうべき、面白いインテリアアイテムです。

クッションやスツールとして、またオットマンとして。はたまた、ちょっとしたサイドテーブルとしてト。フリッツハンセンのプフは、しっかりとした硬めのタイプなので、沈み込まずに安定して体を支えてくれます。

 

フリッツハンセン オブジェクツ

モロッコの伝統的なプフは、羊やヤギ革で作られているようですが、こちらは現代の生活に合わせやすい布張りタイプ。
北欧メーカーの上質な生地が使われ、2つの生地の境目には天然皮革のパイピングが施されるという、ちょっと贅沢なクッションになっています。

オットマンにぴったりのSサイズと、男性でもしっかり座れるLサイズの2展開からお選びいただけます。

Fritz Hansen(フリッツ ハンセン) Cecilie Manz セシリエ・マンツ / POUF プフ

 

まとめ

フリッツハンセンの新しいインテリア「オブジェクツ」。上質なインテリアで家での時間を特別なものにしませんか?

「オブジェクツ」ラインナップはこちら。ご紹介できなかったアイテムもこちらからご覧いただけます。

今回紹介した商品のご購入はこちら

 

————————————————————————————

【関連記事】 フリッツハンセン 「OBJECTS(オブジェクツ)」

フリッツハンセンの新作インテリア「OBJECTS(オブジェクツ)」で お部屋を華やかに

————————————————————————————


この記事を書いた人

izumi

関東生まれのweb担当。3匹の猫と暮らしています。 デザインだけでなく、素材や製法にもこだわった北欧のアイテムたち。その良さを皆さまにお伝えできたらと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップCONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちらメルマガ登録はこちら