フリッツハンセンの新作インテリア「OBJECTS(オブジェクツ)」で お部屋を華やかに

こんにちは、秋も深まり、紅葉が楽しみなイズミです。
フリッツハンセンより、「OBJECTS(オブジェクツ)」と冠されたインテリアアクセサリーのシリーズが登場しました。

ヨーロッパや北欧の伝統を踏まえながら、新進のデザイナーたちによって現代的に「再解釈」されたアイテムたち。フリッツハンセンが提案する、美しいデザインと本物の素材をお楽しみいただけます。

今回は、秋冬にぴったり、現代の生活に溶け込みながらも、少し特別な雰囲気を演出してくれるアイテムをご紹介します。

 

真鍮ゴールドが美しいキャンドルホルダー


Fritz Hansen(フリッツ ハンセン) Jaime Hayon ハイメ・アジョン / CANDLE HOLDER LARGE キャンドルホルダー 大

スペインのデザイナー、Jaime Hayon(ハイメ・アジョン)がデザインした、無駄のないシンプルさが際立つキャンドルホルダーのシリーズ。余計な装飾を排したフォルムでありながら、真鍮の味わい深いゴールドが華やかな印象です。

単身で使うタイプと、複数のホルダーが合わさったタイプがあります。
どのタイプも、明るいゴールド色。白のキャンドルとのコントラストは、秋冬のインテリアとして、お部屋に彩りを与えてくれます。

 


Fritz Hansen(フリッツ ハンセン) Jaime Hayon ハイメ・アジョン / CANDLE HOLDER SINGLE キャンドルホルダー #1, 2

日本では、お部屋のキャンドルとして、丸くて小さい「ティーライト」タイプが一般的になっていますが、ヨーロッパでは、食事の席でも細長いタイプを使う事が少なくありません。

夕食のテーブルの片隅に、一本のキャンドル。
フリッツハンセンのキャンドルホルダーなら、少ない本数でもしっかりとした存在感があります。

 

ティーライトタイプのキャンドルホルダー


Fritz Hansen(フリッツ ハンセン) Jaime Hayon ハイメ・アジョン / CANDLE HOLDER TEA LIGHT キャンドルホルダー ティーライト

ティーライトタイプのキャンドルをよく使うという方には、こちらのキャンドルホルダーもおすすめです。

ゴールド色の土台に、取り外しのできるガラスのカバー付き。室内でも、ちょっとした屋外でも楽しむことができます。

ティーライト向けのキャンドルホルダーは、高さがないものが多いのですが、こちらは燭台のような土台のある珍しいタイプになっています。

 

和の要素を取り入れたフラワーベース「IKEBANA(イケバナ)」

こちらも、ハイメ・アジョンがデザインしたフラワーベース。
なんと、日本の「生け花」からインスピレーションを受けたデザインです。

生け花では、剣山をつかって、花を立体的に構成させていきますよね。ですが、素人がやろうとしても、なかなか思い通りにいかないもの。私自身は、普通の花束を花瓶にいけることすら、難しく感じてしまいます。

でも、このベースは内側に穴のあいたサークルがあるので、そこに指していくだけ。少しの花があれば誰でも素敵な「いけばな」ができるので、楽しみながらお花を飾ることができます。

小さいサイズをお部屋のワンポイントにするも良し、大きなサイズなら、主役級の存在感です。ガラスのベースに水が映えて、華やかながらも透明感のある印象です。
Fritz Hansen(フリッツ ハンセン) Jaime Hayon ハイメ・アジョン / VASE IKEBANA ベース イケバナ

 

まとめ

フリッツハンセンのインテリアアクセサリーは、秋冬のお部屋を華やかに仕上げてくれます。クリスマスなど特別な一日のために、いつものインテリアに加えてみませんか?

ラインナップはこちら↓↓↓

 

今回紹介した商品のご購入はこちら

 

————————————————————————————

【関連記事】 フリッツハンセン 「OBJECTS(オブジェクツ)」

寒い冬。家での時間を大切に過ごすための、上質なインテリアファブリック

————————————————————————————


この記事を書いた人

izumi

関東生まれのweb担当。3匹の猫と暮らしています。 デザインだけでなく、素材や製法にもこだわった北欧のアイテムたち。その良さを皆さまにお伝えできたらと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONNECTについて

CONNECT オンラインショップCONNECT オンラインショップ

メルマガ登録はこちらメルマガ登録はこちら